今回は、人気の国内仮想通貨取引所であるZaifの評判や手数料についてご紹介していきます。
また、Zaifでの口座開設方法も紹介していきます!!

(参考元:Zaif公式ページ


Zaifの評判


Zaifはテックビューロ社が運営する、国内の仮想通貨取引所です。
安心・安全に利用できるという評判から、多くの人が利用しています。

サーバーが弱いという指摘が多くありますが、ほかに目立ってマイナスポイントもない、かなり評判の高い仮想通貨取引所です。


余談になりますが、Zaifの代表取締役である朝山貴生氏はNEM(ネム)のマーケティングや普及活動の責任者でもあるようです。

Zaifの特徴

Zaif手数料が安いことで人気が高いのですが、サーバーが貧弱なのか、たびたび取引所にアクセスできなくなることがあります。
現在、新規でZaifに口座を作ろうとする場合、本人確認の書留郵便が届くまで2週間以上かかることもあります。

仮想通貨取引を行いたい方は、早めの行動をおすすめします。口座開設登録だけでも済ませておいた方がいいと思います。

Zaifのメリット

取引すると手数料がもらえる

Zaifの最大のメリットは、ほかの取引所よりも手数料が安いという点です。
安いというよりも、正確にはマイナス手数料の場合にはボーナスがもらえます!

なんとビットコインと日本円の現物取引の場合、手数料がマイナス0.01%!
つまりは、取引額の0.01%分のボーナスをもらうことができるんです!!


また、買い板に並べた注文が約定した場合には、maker手数料マイナス0.05%に!!
簡単に言うと、「1BTC=200万円で、0.5BTC」の買い注文が約定した場合、maker手数料として、500円がボーナスとしてもらえるということですね!

つまり、取引をすればするだけお得になっていきます!

Zaifコイン積立ができる

「取引なんてやったことないし、なんか怖そう」
「ビットコイン興味あるけど、何をどうすればいいのかわからない」
「資産として積立したい」

こういった人向けのサービスが、Zaifコイン積立です。


かんたんに言うと、毎月自分の銀行口座から固定額が自動で引き落とされ、希望の金額で希望の仮想通貨を積立投資していくものです。
長期的・継続的に続けていかないと投資の効果は出ませんが、ローリスクで少額から始めることができ、仮想通貨や取引の知識がなくても始めることができます。

現在、Zaifコイン積立で購入できる仮想通貨は、ビットコインモナコインXEM(ネム)イーサリアム4種類あります。

Zaifでしか取り扱ってないアルトコインもある

国内仮想通貨取引所では、Zaifにしかないアルトコインも上場しています。
こういったマイナーコインを保有しておいて、価格が数十倍に跳ね上がるのを期待しておくのも楽しいものです。

たとえば、CMS(コムサ)や、ZAIFコインBCY(ビットクリスタル)PEPECACH(ペペキャッシュ)などは、国内仮想通貨取引所では、Zaifでしか取扱いがありません。

Zaifのデメリット

アプリが不便

スマホにアプリをインストールしていても、毎回ログインのたびにIDとパスワードを入力する必要があります。
たとえば、これがコインチェックならログイン時にパスコードを入力するか、iPhoneならTouch ID(指紋認証)でストレスを感じることなく、瞬時にログインできます。

もちろん、セキュリティ的には問題ないどころか毎回ID・パスワードを入力するのは推奨されるべきなのですが・・・。

損害補償がない

コインチェックやビットフライヤーには、二段階認証を設定していたユーザーアカウントの不正ログインや、取引所がサイバー攻撃を受けて資産が盗難・消失した場合に備え、損害補償のサービスが用意されています。

しかし、Zaifにはこのような損害補償サービスはありません!
Zaifで取引を考えている人は、二段階認証を設定しておくことは当然として、一定額に達したら保有しているコインをウォレットに移し替えるなどして、自分の資産の防衛に努めましょう!

いろいろと対応が遅い

Zaifユーザーの間ではもはや当たり前のようですが、けっこうな頻度でZaifにログインできないことがあったり、メンテナンスが長時間に及ぶことがあるそうです。
Zaifのサーバーが貧弱なのが理由だそうですが、サーバー増強も間に合ってないようですね。


また、ほかの取引所だとだいたい1週間程度で本人確認の書留郵便が届きますが、Zaifでは約2週間ほど配送にかかるようです。

Zaifで口座開設を考えている方は、そこも踏まえてなるべく早めに登録手続きを済ませたほうがいいでしょう。

Zaifの手数料

Zaifの現物取引の手数料は以下のようになっています。

BTC/JPY現物取引
取引手数料    -0.01%

通貨ペア(主要通貨)
       maker     taker
BTC/JPY  -0.05%    -0.01%
XEM/JPY    0%     0.1%
XEM/BTC    0%     0.1%
MONA/JPY    0%     0.1%
MONA/BTC    0%     0.1%
BCH/JPY    0%     0.3%
BCH/BTC    0%     0.3%
ETH/JPY    0%     0.1%
ETH/BTC    0%     0.1%

Zaifの口座開設方法

それでは、Zaifでの口座開設方法について説明していきます。
まずはユーザー登録をしましょう!

口座開設するにはこちらから登録するか、下記バナーをクリックしてZaifの登録ページに飛びましょう。

↓  登録ページへのバナー  ↓



下記のような新規登録画面が表示されたと思います。




無料登録をおこないます。

メールアドレスがあればすぐに登録できます。




登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます。
URLをクリックして、登録手続きを進めましょう。


(参考元:Zaif公式ページ

パスワードは大文字小文字の英語と数字を組み合わせ、簡単にはわからないようなものにしましょう。
ほかのサービスで登録しているパスワードは避け、なるべくランダムな文字列で、最低でも8文字以上に設定しましょう。


パスワードの確認が終わったら、下の「同意して登録」ボタンを押しましょう。


(参考元:Zaif公式ページ

ログイン画面へ飛びますので、登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

無事、ログインできたら、右上の「アカウント」ボタンをクリックして、アカウント情報を更新していきましょう。



(参考元:Zaif公式ページ

各種本人情報を記入していきます。
名前は本名で、住所は本人確認の書留郵便が確実に受け取れる住所を記入しましょう。



(参考元:Zaif公式ページ

携帯電話認証を行います。
お手持ちのスマホや携帯電話の番号を入力して「送信」ボタンを押すと、SMSで6桁の認証コードが送られてきます。


(参考元:Zaif公式ページ



(参考元:Zaif公式ページ

それを認証コード欄に打ち込めば完了です。


(参考元:Zaif公式ページ

番号認証が終わったら、次に本人確認画像をアップロードします。


(参考元:Zaif公式ページ

車の免許証の表裏を撮影してアップロードすればOKです。
このとき、光の反射や手元の影で見えない部分ができないように気を付けて撮影しましょう!


(参考元:Zaif公式ページ

ファイルのアップロードが完了したら、「アップロードしたファイルで申請する」ボタンをクリックすれば、本人確認完了です。


以上で一通りの登録作業は終了です。
あとは記入した住所宛てに書留郵便が届くので、受け取るようにしてください。

Zaifの場合、遅い時には郵送まで2週間ほどかかる場合がありますので、受け取りを忘れてしまわないように気を付けてください!

以上でZaifの口座開設は完了です。

まとめ

今回、Zaifの評判や手数料、口座開設の方法を紹介しました。

Zaifは取引手数料が安く、とくにBTC/JPYの場合にはmakerでもtakerでも取引すればボーナスがもらえるので、販売所での購入ではなく、本格的に取引所で取引を行う方には絶対おすすめの取引所です!!

Zaif口座開設はこちらからお願いします!下記バナーからも登録可能です。