国内の大手仮想通貨取引所であるZaifを運営するテックビューロの朝山貴生氏が、新年のあいさつとともに、2018年の仮想通貨の動向についてメッセージを発表しました。

朝山氏はNEM財団の理事も兼任されていらっしゃるので、その発言や行動には注目しておいた方がいいですよ!
大変勉強になることも多いので、できれば朝山氏のメッセージ本文も読んでみてくださいね。

(参考元:https://twitter.com/takaoasayama より一部加工)


3行まとめ


  • 2018年も仮想通貨の勢いは続く!!
  • ビットコイン、イーサリアム、NEMは大きく期待できる!
  • COMSAも新たな動きの可能性!!

仮想通貨はオワコンではない

朝山氏のメッセージ全体から伝わることは、「仮想通貨はオワコンではない」ということです。
仮想通貨やビットコインの本質的なところは、ブロックチェーンなどといった技術面や、それに伴うICOトークンなどの、新たな経済価値を生み出した点にあるはずです。


しかし現在でも、仮想通貨やビットコインと言えば多くの人たちの関心事は、暴騰・暴落といった投機対象の側面ばかりです。
まだ多くの人たちが仮想通貨について正しい理解があるわけではなく、さらに日本語の情報が少ないせいもあり、間違った情報や流言飛語にとらわれて、仮想通貨に対する誤ったイメージや、利益を生もうとして逆に大きな損失を出してしまうといったことが起こっています。

そのたびにメディアやネット上では、「ビットコイン終了のお知らせw」「仮想通貨は幻想」「ブロックチェーンは終わっている」といった見出しで賑わいます。


それでも2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は、確実に右肩上がりに上昇し、およそどの通貨を持っていてもホールドさえしておけば収益が上がったという結果が出ています。https://btcnews.jp/1kghkldm14460/ より)

ビットコインのスケーラビリティ問題に関しても、実装されなかっただけでSegwit2xやLightning Networkといったレイヤー2など、さまざまな解決方法が考案されていました。
また、数多くのICOが乱立し、トークンが発行されるなど、仮想通貨の本質部分を利用したものも、目まぐるしく登場しました。


このように、2017年は仮想通貨について数多くの試みが実施されました。
2018年はこれらの試みもますます増えるとともに、昨年実験的だったものは、より実践的・実用的なものへと、前向きに進化していくとのことです。

つまり、技術的にまだ成長の見込みがあり、さらにその技術を利用したサービスもまだ開発段階~実験中であるため、仮想通貨はオワコンではなく今後まだまだ伸びていくものであり、2018年も引き続き、仮想通貨の熱い年になりそうだとのことです。

ビットコイン、イーサリアム、NEMは大きな進歩が期待できる

ビットコインのフォーク問題に関しては、セカンド・レイヤー(Lightning Networkなど)の技術が登場してきたこともあり、取引所による新技術の採用が進むことで、ビットコインの流動化がさらに進むとのことです。
流動が進むということは、それだけ活発に取引される、人気の高い仮想通貨ということになりますね。

また、イーサリアムはICO分野で急成長をしたことで、ネットワーク上のキャパシティ問題が出てきましたが、もうすでにいくつかの解決策があるようです。
これにより、キャパシティを拡大しつつ、トークンの根幹を支えるものとして存在感を高め、イーサリアムを利用したアプリケーションも普及していくとのことです。
イーサリアムを利用したアプリケーションが普及していくと、イーサ(ETH)が活発に流通していくことになります。


さらに、テックビューロが提供するプライベートブロックチェーン製品mijinで、アトミックスワップという第三者の仲介なしでトークンの取引が可能になったカタパルトバージョンが一般公開されることもあり、NEMが大きな成長を遂げるとの考えを示しました。

そうなると当然、XEMの価格上昇が見込まれることは間違いないでしょう。

これはあくまで私見ですが、朝山氏の発言からビットコイン、イーサリアム、NEM(XEM)は購入・保有しておいて損はないんじゃないかと思います。

ICOはガイドラインが制定され、ハードルが上がる

ICOに関しては、2017年に良質・悪質なものを含めて、すでに数多くのプロジェクトが乱立しました。
特に悪質なICOも目立ったことから規制スピードが速まり、2018年以降はICOの間口がどんどん狭まっていくとの考えを示されました。

特に、詐欺まがいの不正なICOが台頭してきたこともあったので、今後はガイドラインが制定されることで今まで勝手に乱立していたICOのハードルが上がり、安心してトークンを購入することができるようになります。

しかし、一方では中小ビジネスがICOを実施するメリットがなくなってしまいます。
規制の結果、準備コストがICOの結果を上回ってしまう可能性があるからです。
一長一短な感じではありますが、この規制により、質の低いICOの乱立を排除して、中規模のしっかりとしたICOが中心になっていくとのことです。


いままでは誰でもICOを実施することができたので、当たれば大儲け!!という博打のようなものや、資金を集めるだけ集めて夜逃げするような、詐欺まがいのICOまで、玉石混交の状態でした。
ICOに規制が導入されるとハードルが上がるので、ある程度しっかりとしたものでないと淘汰されることになります。

その結果、トークン購入の安全性は上がることになりますが、その代わり、「これって怪しいなあ」と思いつつも購入していたトークンが爆発的な人気を博して急騰→億り人になるというコースも、ほとんど見られなくなってしまうかもしれませんね。

2018年はCOMSAに動きあり??

2017年12月4日に上場したCOMSAですが、2018年にはさらに期待できそうな動きがあります。

COMSAはテックビューロの開発した、ICOサポートサービスです。
COMSAはNEMとイーサリアムの技術を活用してアプリケーションを開発するので、この2つには深い関わり合いがあります。


朝山氏によると、COMSAのホワイトペーパーにあるプランは2014年から描いていたものであり、「2018年には、その絵にまだ欠けている2つのピースを発表する予定」とのことです。
この2つのピースというのが、具体的にどのようなことを示しているのかはわかりませんが、おそらく発表されるとCOMSAと、それを支えているNEM(XEM)とイーサリアムの価格が上昇することは、ほぼ確実であると考えています。


COMSAやイーサリアム、NEM(XEM)はZaifでの取り扱いがありますので、ちょっとでも気になった方は、まずは無料口座開設を済ませておきましょう!

Zaifの口座開設方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

Zaifの評判や手数料は?取引所の開設・登録方法を公開!

ネットの反応

人型

メモっておきたい話ですね

人型(2)

そこらへんに溢れてる情報に惑わされてイナゴになるくらいなら。
きちんと実績出してる人の情報をきちんと読むほうが1万倍いい。

人型

何度も読んで正確な理解をしたい。

人型(2)

とても有益な記事でありました。 時代はゆっくりではあるが、確実にかわってきています。乗り遅れないように。

人型

仮想通貨にまだ興味ない人もとりあえず読んだほうがいい!

人型(2)

これからのブロックチェーンが気になる人は必読。

人型

長いけど一読の価値あり…

人型(2)

朝山社長の記事。必読。何度も読み返す。

人型

Zaifを運営している「テックビューロ」の朝山代表のブログが超参考になった!(めちゃ長いけどw)

人型(2)

「否定している多くの人がその存在価値を受け入れざるを得ない状況がくるどころか、知らないうちにそれらに触れている一般層のユーザーが爆発的に増える」響いた。 “渡らざるを得ない有料の橋”というフレーズを思い出す。


😆 ビットコイン・仮想通貨おすすめの取引所はココ!


「ビットコインを買ってみたいんだけど、初心者はどこで買えばいいの?」
「ビットコインの価格が高すぎる!今からじゃ参加できないので?」というようにお悩みの方は
国内にある3つの主要な取引所がおすすめです。

それぞれ特徴がありますが、開設費用0円・証拠金・入金の必要も全く無いので、基本的には全て開設しておくと便利です。

 

■ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

長所:米国にも進出!大手企業から出資されているため、国内最大の資本金を持っているので安心できます。モナコインも扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(関東財務局長第00003号)
短所:少し手数料が高い。通貨の種類が少ない。
取り扱い通貨は6種類ビットコイン(Bitcoin)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、イーサリアム(Ethereum)、イーサリアムクラシック(Ether Classic)、ライトコイン(Litecoin)、モナコイン(monacoin)

 

■ザイフ(Zaif)

長所Zaifコイン積立という自動売買が可能。レバレッジ25倍で取引が可能。一部のトークンを扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(近畿財務局長第00002号)
短所:サイトが重く、サポート対応も遅い。
取り扱い通貨は4種類+トークンビットコイン(Bitcoin)、ネム(NEM)、モナーコイン(Monacoin)、イーサリアム(Ethereum)、コムサ(COMSA)などのトークン

 

■コインチェック(CoinCheck)
※2018年1月26日に生じた「NEM流出事件」を受け、現在はコインチェックはおすすめできないという判断になりました。
※現在補填検討中とのことですので、NEMの補填が完了するまでは開設は控えるようお願いします。