「ホワイトリスト」って聞いたことありますか?
金融庁に登録を認可された仮想通貨交換業者の取り扱っている仮想通貨のことです。
このホワイトリストを活用すれば、ある程度安全に仮想通貨を運用できます

今回、ホワイトリストとはどんなものか詳しく見ていきます。


改正資金決済法がきっかけ

仮想通貨は日本国内でも多くの投資家が運用するようになりましたよね。
これまで仮想通貨に関するルールはありませんでした。

しかし取扱量が増えていく中で「このままではよくない!」ということで、政府もその対策に動くようになりました。
それが2017年4月1日から施行された「改正資金決済法」です。
改正資金決済法は「仮想通貨法」という通称で紹介されることもあります。

この法律の中で仮想通貨の定義や会計処理、利益が上がった場合の税処理、消費税の取り扱いが定められました。

同時に、この法律によって日本国内で仮想通貨交換業を行うためには、金融庁に登録する義務が発生しました。
登録された業者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」という形で発表されています。

こちらの一覧では業者情報だけでなく、その取引所で取り扱っている仮想通貨も掲載されています。
この一覧が発表される中で「ホワイトリスト」なる言葉が出てきました。

ホワイトリストとは、登録業者の取り扱っている仮想通貨のことです。

ちなみに交換業者がどのコインを扱うか、今後変わってくる可能性はあります。
もし交換業者が新たにある仮想通貨を取り扱うようになれば「ホワイトリスト入り」と表現されます。

取り扱っている仮想通貨の情報は、金融庁のホームページで随時発表されています。
もし気になるコインがあれば、ホワイトリストに入っているかどうか金融庁のWebサイトで一度チェックすることをおすすめします。

膨大な量が取引されている仮想通貨

なぜこのようなホワイトリストなる言葉が使われるようになったか、これには業界の現状も大きく関係しています。

現在流通している仮想通貨ですが、本当に無数あります!
一説によると、現在1000種類を超えるコインが取引されているそうです。

実際に仮想通貨を運用している私でも、正直言ってすべての種類を把握できていない状態です。
というか、知っている通貨の種類の方がむしろ少数かもしれませんね。笑

この1000種類以上あるコインの中には、詐欺に近いような怪しいコインもいろいろとあるといわれています。

さらに仮想通貨の中には匿名性を持ったものもみられます。
モネロ(XMR)やダッシュ(DASH)といった仮想通貨がいい例ですね。
こうした匿名通貨は取引のプライバシーを守る効果がある半面、マネーロンダリングに悪用されるのではないかという懸念もかなり指摘されています。

そこで取り扱っても大丈夫な通貨かどうか、判断基準の一つになるのがホワイトリストというわけです。
国内の取引所で取り扱っている通貨であれば、安全性は担保されているといえますね。

悪質なコインに手を出すことで資産を奪われないために、私たち投資家がチェックできるシステムとして金融庁の公表するホワイトリストが重要になります。

ホワイトリストは仮想通貨の価値を決める??

このホワイトリストに入っているかどうかというのは、その仮想通貨の価値を決めるうえでかなり重要な要素になります。
もしホワイトリストに入れば、信頼できる仮想通貨として投資家の間で評価されます
買い求める人も出てくるでしょうから、価格の上昇が期待できます

一方でホワイトリストに入らなかった場合、なかなか価格が上昇しない恐れも出てきます。
また、まだ過去に例はみられませんが、万が一ホワイトリストから外されると、それまである程度の価値があった仮想通貨が急落することもあり得ます

この傾向は、今後さらに強まってくるとみられています。
というのも日本は仮想通貨先進国の一つですが、その中でも取引量はアメリカとともにトップクラスです。

ですから金融庁に登録されている仮想通貨は海外でも注目され、高く評価されます
このためホワイトリストに動きがあると、相場の値動きが今まで以上に激しくなる可能性は高いです。

今後ホワイトリスト入りして種類の増える可能性も

現在までに、どの程度の仮想通貨がホワイトリスト入りしているところか気になるところですよね。

あくまでも2018年1月現在の情報ですが、ホワイトリスト入りしているのは19種類です。
1000種類以上流通している中では、ごくごく一部ですよね。
ネット上などでよく紹介されている比較的メジャーな通貨でもホワイトリストに入っていないものも結構あります。

ただし取引所の中には、今後積極的にホワイトリストに入っていない通貨を取り扱う動きもみられます。
つまりホワイトリスト入りする仮想通貨の数が増える可能性は高いと言えます。

どの通貨がホワイトリストに入っているか、こまめに金融庁のホワイトリストをチェックしたほうがいいでしょう。

また、金融庁がホワイトリストを公表することで、どれがある程度信用できる仮想通貨なのか見分けがつきます
詐欺まがいのコインを除外できるので、日本国内の取引所で安心して運用できるというのはかなり大きいです。

しかしここで注意してほしいことがあります。
もちろん、ホワイトリストをチェックすることで疑わしいコインを取引対象から外すことはできます。
ただし、ホワイトリストに載っている通貨は100%絶対に安全かというと、決してそうではありません!

あくまでも、運用は自己責任の元で行わなければいけません。
ですから自分でも十分に情報収集して、「運用しても大丈夫」という確信が持てたら取り扱うべきだと思います。