銀行預金の利子で資産は増えないし、投資は勉強する時間も元手も足りない…。
これはもう宝くじでも買うしかないのか?!

ちなみに私は24時間365日いつでも取引できる仮想通貨でお手軽投資を実践中。
いくつかの注意点に気をつければ、マジで手軽に投資が楽しめます。


基本的に24時間・365日取引可能

仮想通貨の取引は、24時間・365日いつでも対応しています。
こんなにも幅広い時間帯で取引できるのは、仮想通貨だけ
だから休日やスキマ時間にも手軽に投資が始められちゃうんです!

ちなみにですが、例えば、日本人にとってポピュラーな株式取引の場合、原則平日の9~15時しか取引できません。
注文はいつでも出せるのですが、オーダーが反映されるのは証券取引所の開いている前述の時間帯のみです。

FXの場合、時差のおかげで世界中どこかの市場で常に取引されているので、平日であれば24時間好きな時に取引できます。
ただし、FXでも土日はどのマーケットもクローズになってしまいます。

一方、先ほども紹介したように、仮想通貨なら土日を含めていつでも取引できます。
マジで24時間365日いつでも取引可能なんです。
これなら自分の都合のいいタイミングでマーケットをチェックできますね!

取引所・交換所も年中無休で営業してる

仮想通貨の運用では、取引所や交換所をメインに利用することになります。
仮想通貨の取引所や交換所を見ると、基本的に24時間・年中無休で営業としているところがほとんどです。

年中無休といっても「土日は銀行が閉まっているので入金できないんじゃない?」って思いますよね。
土日祝日でもコンビニのATMからの入金や、ネット銀行を利用すれば入金することは可能なんです。
あまりおすすめはしませんが、クレジットカードを使って入金することもできるので、通信環境さえあればいつでもどこでも十分に取引可能です。

ただし取引所を利用する場合に注意しなければならないのは、メンテナンス時間を設けているところが多い点です。
取引所では定期的にサーバーのメンテナンスを実施しています。
この時間帯には基本的にトレードは出来なくなってしまいます。

※メンテナンスについては、それぞれの取引所のホームページにて情報が提供されています。
常にチェックして、どの時間帯にトレードできなくなるかきちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

取引が活発になるタイミングは?

上で紹介したように、仮想通貨の取引はいつでも行えますが、もちろん取引が活発になる時間帯というものがあります。
当然、このタイミングで大きく値動きをすることがあります。

もし手が空いているのなら、このタイミングでチャートなどをチェックして、必要な注文を出すと利益のチャンスを取りこぼすこともないですし、損切りも可能になります。

取引が活発になるかどうかは、時差の関係もありますので、使っているのがどこの国の取引所なのかしっかりと把握しておくことも重要です。

国別でみると、取引の活発な国がいくつかあります。

アメリカは世界でもトップの仮想通貨取引国といわれています。
つまりアメリカでの取引が活発になると、市場も活性化されて大きな値動きを見せる可能性があります。

ニューヨーク証券取引所がオープンしていると金融商品の売買が活発になって、それに伴い仮想通貨のトレードも頻繁に行われる傾向があります。
日本時間で見ると、夜の11時半ごろ~となりますね。

ですから日中仕事をしている人は、夜帰宅してちょっとした自由時間の時にマーケットをチェックしてみるといいでしょう。
ちなみにニューヨーク市場がクローズするのは日本で翌朝の6時ごろです。

もし先ほど紹介した11時半ごろまで起きているのが厳しければ、朝早く起きてチェックするのもありです。

少し前までは中国も取引が活発だったので、中国市場も意識する必要がありました。
しかし、2017年9月に中国当局がビットコインの取引を規制し、これをきっかけにして中国の取引所は次々閉鎖されてしまいました。
現在では仮想通貨取引における中国の影響力はかなり小さくなりました

オーバートレーディングには注意が必要


このようにいつでもトレードできる仮想通貨は、仕事や家事・育児をしている人にとっては魅力的です。
空き時間を使って、自分のタイミングで取引できるからです。

しかしこの「いつでもトレードできる」というのはオーバートレーディングといって、過度なトレードに陥る危険性もあります。

オーバートレーディング対策は、自分の収支を定期的に検証することで防ぐことができます。
オーバートレーディングに陥る人を見てみると、ずるずると際限なく取引している人が多いようです。
こうなると、どうしても無駄なトレードが多くなってしまい、結果的に資金の無駄遣いになってしまうことがほとんどです。

定期的に収支を見直すことで自分のトレードについて反省でき、「ちょっとお金が出ていきすぎだから、今度は資金を絞ろう」と気づくことができます。

私の場合、毎週末に収支をチェックして、資産の増減をチェックするようにしています。
そうすると自分の現状を把握しやすくなるので、次の週からは自分の資金状況に対応したスタイルで運用できるようになります。

仮想通貨の運用で利益を上げるためには、セルフコントロールが何よりも重要であることは意識しておきましょう!