2018年の確定申告期間は、2018年2月16日(金)~3月15日(木)です。
ビットコインで儲かっている皆さん、もう確定申告の準備はできましたか?

今回は、ビットコインにまつわる税金と確定申告について解説していきます。


3行まとめ


  • 2018年の確定申告は2月16日から3月15日まで!!
  • 2017年に取引で20万円以上の利益があった人は要注意!!
  • 申告漏れは脱税!!ちゃんと確定申告しよう!!

ビットコインで得た利益は「雑所得」

いままで消費税に含まれていたビットコインの利益ですが、2017年9月からビットコインで得た利益は「雑所得」とされることになりました。
つまり、株やFXなど、ほかの投資で上げた利益と同一視されるようになったということですね。


国税庁のホームページによると、以下のように紹介されています。

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象になります。
このビットコインを使用することにより生じる損益(中略)は、原則として、雑所得に区分されます。

つまり、ビットコインを使って何か物を購入した場合だけでなく、ビットコインを使ってほかの仮想通貨を購入した場合にも、課税されるということになります!!

ビットコインの確定申告をしないとどうなるか

ビットコインの利益を確定申告しない場合、脱税したことになります。
脱税が発覚した場合、延滞税加算税というものを徴収されます。


延滞税とは、ツタヤのDVDを返却し忘れたときに請求される延滞料のようなものです。
本来納税されるべき日付から、自己申告あるいは納付しに行った日までの期間に、利子をかけられてしまいます。

もちろん利子と言ってもツタヤほど安い金額ではなく、7.3%~14.6%もの利子をかけられるので、当然ながら、申告漏れしていた税金が多いと、請求される金額も大きくなってしまいます。


加算税とは、自己申告ではなく、税務署によって脱税が発覚した場合に加算される税金です。
特に、故意・悪質な所得隠しを行った場合には、重加算税というものをかけられ、本来納税すべきだった税金の35~40%を納めなければならなくなります。

さらに、脱税は刑事事件として扱われるので、「5年以下の懲役」または「500万円以下の罰金」という、重~い罰則が待っています。

これでは億り人どころではなく、ムショり人(刑務所ぐらし!)になってしまいますね。

脱税にならないための確定申告

そもそも、どんな人が確定申告をしないといけないのでしょうか?
国税局のホームページでは、確定申告の対象となる人についてホームページに記載されていますが、ビットコイン投資をしている方で特に関係しているのは、下記の2項目だと思います。

  1. 給与の年間収入が2,000万円を超える人
  2. 1か所からの給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

特に2番目について、2017年の1月~12月中に、20万円を超える仮想通貨による利益があった場合、2018年2月16日~3月15日の期間に確定申告を行う必要があります。

ただし、仮想通貨が雑所得に入るのは、例えば、ビットコインの売買取引を行った場合や、ビットコインでほかの仮想通貨を購入した場合、マイニングで報酬を得た場合などになります。

つまり、ビットコインを購入してからウォレットに入れっぱなしにしたままで、売買ではなく値上がりによって20万円以上の利益が出ていた場合には、確定申告の必要はありません。


確定申告を行うには、まず1月~12月までに得た仮想通貨の利益を計算する必要があります。

利益は、売値から買値を引くことで算出されます。
複数のウォレットで管理している場合、すべてのウォレットで出た利益を足していく必要があります。

ここまでで、計算した利益が20万円を超えていた場合、2018年2月16日~3月15日の期間内に確定申告をする必要があります。


確定申告を行うには、全国の税務署市町村の税務課で申告することができます。

確定申告には、以下のものを準備する必要があります。

  • 確定申告書A
    (事業所得や不動産所得のある方や、分離課税、損失申告書のある方は、確定申告書Bも必要となります)
  • 源泉徴収票
  • 控除を受けるのに必要な書類
  • 仮想通貨の入出金明細や、取引履歴、ウォレット残高などのスクショ

何を用意すればわからない、心配だという方は、国税局や税務課に直接問い合わせてみたほうがいいかもしれません。


さらに、上記の所得税とは別に、住民税の支払いも必要になってきます。
住民税は、1年間の利益の10%を納める必要があります。

また、支払いのタイミングも所得税とは異なり、申告した所得税の内容が各自治体に送付され、春ごろに自治体から個人あてに住民税の通知が送られてきます。

仮想通貨の税金計算に便利なサービス

確定申告には、まず自分の損益を把握する必要があります。
取引履歴を1つずつエクセルに入力していってもいいのですが、さすがに面倒で時間がかかってしまいますし、間違いが出てくるかもしれません。

そこで、取引履歴から損益計算してくれる、便利なサービスを紹介します!



(参考元:https://www.cryptact.com/

無料で使い勝手がいいのが、CRYPTACT(クリプタクト)です。

まずはクリプタクトに登録し、取引所から取引履歴のファイルを落としてきて、それをクリプタクトにアップロードすれば完了です。
これだけで損益の計算ができます。
普通なら、エクセルに一個ずつ取引履歴を入れていかなければなりませんが、これなら簡単一発ですね♪

また、国内だけでなく海外の仮想通貨取引所にも対応しているうえに、未対応の取引所でも、取り域履歴をCSVファイル化すれば、計算することができる、大変な優れものです。


ただし、まだサービス開始したばかりなので、新規登録できる人数が制限されています。
新規登録募集しているときにはツイッターで告知されているので、興味のある方はこまめにチェックして、募集を見逃さないようにしましょう!!
登録はこちらから
↓       ↓
https://tax.cryptact.com/signup



(参考元:https://www.aerial-p.com/guardian

お次がGUARDIAN(ガーディアン)です。これは仮想通貨の税務に特化したサービスで、仮想通貨に詳しい税理士を消化してくれるサービスです。
記帳から確定申告まで、専門の税理士がサポートしてくれるので、非常に心強いサービスです。

ただし、有料のサービスなので、個人の方にはおすすめしにくいという面もあります。
https://bitcoinbu.jp/guardian-2017release/

ネットの反応

人型

やっぱり仮想通貨の税金エグいなー。
利確したのは一部だけだけどそれでも余裕で1/3吹っ飛ぶわ。わかってはいるけど数字にするとエグいわ~。

人型(2)

確定申告準備するか

人型

9割以上の人が無申告になるんじゃ…。

人型(2)

仮想通貨の税金めんどうだし、高いな… みんなホントに出来るのかな?

人型

暗号通貨でぼろ儲けした人達の確定申告もれ大量発生しそう。タックスリテラシー高まるー。

人型(2)

去年でキッパリ全部処分+マイナスだったので確定申告必要なしッ!(血涙)

人型

流石に税金の見直し来るだろ

人型(2)

こんなん計算できっこない
プロの税務官でも無理だろ

人型

20万の利益もないから心配してない


😆 ビットコイン・仮想通貨おすすめの取引所はココ!


「ビットコインを買ってみたいんだけど、初心者はどこで買えばいいの?」
「ビットコインの価格が高すぎる!今からじゃ参加できないので?」というようにお悩みの方は
国内にある3つの主要な取引所がおすすめです。

それぞれ特徴がありますが、開設費用0円・証拠金・入金の必要も全く無いので、基本的には全て開設しておくと便利です。

 

■ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

長所:米国にも進出!大手企業から出資されているため、国内最大の資本金を持っているので安心できます。モナコインも扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(関東財務局長第00003号)
短所:少し手数料が高い。通貨の種類が少ない。
取り扱い通貨は6種類ビットコイン(Bitcoin)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、イーサリアム(Ethereum)、イーサリアムクラシック(Ether Classic)、ライトコイン(Litecoin)、モナコイン(monacoin)

 

■ザイフ(Zaif)

長所Zaifコイン積立という自動売買が可能。レバレッジ25倍で取引が可能。一部のトークンを扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(近畿財務局長第00002号)
短所:サイトが重く、サポート対応も遅い。
取り扱い通貨は4種類+トークンビットコイン(Bitcoin)、ネム(NEM)、モナーコイン(Monacoin)、イーサリアム(Ethereum)、コムサ(COMSA)などのトークン

 

■コインチェック(CoinCheck)
※2018年1月26日に生じた「NEM流出事件」を受け、現在はコインチェックはおすすめできないという判断になりました。
※現在補填検討中とのことですので、NEMの補填が完了するまでは開設は控えるようお願いします。