いままで仮想通貨に対して比較的寛大だった銀行やクレジットカード会社も、顧客保護の観点から、仮想通貨の取引や業者に対して厳しい審査や対応を行っていくことが分かりました。悲観的に見えるかもですが私としては長期的に相場が上がる良い材料だと思ってます!

(参考元:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26640930X00C18A2EE9000/


3行まとめ


  • りそなが仮想通貨交換業者の審査を強化
  • JCBも仮想通貨交換業者との加盟店契約を認めない方針
  • 既存の金融機関には、仮想通貨交換業者と連携してほしい



今回のコインチェック騒動では、NEMの流失というショッキングな出来事もありましたが、それ以上に、仮想通貨交換業者の孕んでいるリスクや、ないがしろにされていた顧客保護の部分が目立っています。

今回の事件を受けて、大手銀行やクレジットカード会社は仮想通貨の取引や審査の厳格化に踏み切るようです。

りそな、仮想通貨交換業者の審査を強化

りそなグループは仮想通貨交換業者を、マネーロンダリングのリスク評価に際して、仮想通貨交換業者を「高リスク」業種に指定したそうです。

モネロやZキャッシュ、ダッシュなど、匿名性の高い仮想通貨を利用すれば、簡単にマネーロンダリングができるという点が考慮されたのだと思います。
そこで、りそなグループでは新規の法人口座の受付や既存の取引先を管理する際に、いままで以上に審査を厳しくするそうです。

また、りそなにあるコインチェックの顧客資産口座についても、顧客資産の分別管理が徹底されているかについて確認するようです。

さらに、顧客保護の対策やセキュリティ対策なども調査するようです。

クレカで仮想通貨の購入ができなくなるかも

いままでクレカで購入できていた仮想通貨ですが、今後はできなくなるかもしれません。

JCBは現時点で仮想通貨交換業者との加盟店契約はしていませんが、今後も規制整備が進まない限りは契約を原則認めない方針にするようです。
それというのも、顧客保護の観点から認めないとのことです。

仮想通貨をクレカ決済で購入すると、クレカ会社が一時的に購入代金を立て替えます。
後日、クレカ会社は立て替えた金額分を請求しますが、このとき仮想通貨が大暴落していると、仮想通貨に資産全振りしている顧客は大変なことになってしまいます。


購入した仮想通貨⇒暴落
立て替えた代金⇒暴落前の最高値

こんなことになったら、「手元には多額の借金しか残っていない!請求代金なんて払えないよ!!」という人が出てきてもおかしくありません。


こうした点から、JCBでは加盟店契約は原則認めないそうです。
三井住友カードやUCカードなどの銀行系カード会社も加盟店契約には慎重な姿勢です。

コインチェックとすでに加盟店契約を結んでいるライフカード(アイフルの子会社)は、「(今後の加盟店契約については)情報を精査しており、対応は未定」といっていますが、今回のコインチェック騒動の後では、積極的に契約を続けていくとはちょっと考えづらいですね。

カード会社各社のほうでも、仮想通貨交換業者を利用したマネーロンダリングのリスクについて、何らかの対策は必要であると考えているようです。

ビットコイン紳士ビットコイン紳士

投資をする上で大切なことは「余剰資金でやる」ということを何度か書きましたが、まさにこれです。プリペイドは必要以上に使うことができないので安心ですが、クレジットは支払いを後回しにする仕組みなわけですから、価値のボラリティが高い仮想通貨やFXなどの投資に対しては流動性が低すぎるので全くオススメしませんね。早急に規制ルールをまとめてくれればいいと思ってます。例えば取引所の方で仕組みを作れば安全になるんじゃないかな?クレジットで入金した金額はレバレッジに使えないとか、月収証明書を提出させて手取りの50%までしか決済できないとか。

既存の金融機関と仮想通貨交換業者は協力してほしい

今回のコインチェック騒動で、残念ながら仮想通貨交換業者が金融機関としては未熟なのではないかという風な流れが出来たかに見えますが、まだ登場して数年しかたっていない新しいサービスに欠陥がない方が珍しいです

逆に、銀行は長い歴史がありますが、ブロックチェーンや仮想通貨そのものについては、まだ把握していないところが多いのではないかと思います。

クレカ会社も同様、カード決済というサービスでしか知りえない管理ノウハウやセキュリティ対策など、運用していくうえで積み重なったデータ・明確な規制があるから社会的な信頼があるわけですから。


今後、銀行などの金融機関と仮想通貨交換業者が協力し、互いの足りない部分を指摘しあいながら、管理やセキュリティ面でも実用に耐えうる仮想通貨取引所や仮想通貨の利用場面を作り上げていってくれると感じています!

ネットの反応

人型

仮想通貨って反社なのかと錯誤するほどの厳しさ、可哀想に社会から叩かれて。サラ金ぽいな

人型(2)

あらあら、先人たちがボンクラでニューカマーはお断り。んで、仮想通貨はどうなるのかな。大資本の企業やらに移るんかな

人型

仮想通貨をクレカで買えるのはコインチェック、ビットフライヤー、ザイフがあったけどこのうちJCBが使えるのはコインチェックだけだった。JCBもやばいと思ったのか国内での新規契約はもう認めないルールを作ったそうです。

人型(2)

JCB、あかんわ(-_-#)

人型

仮想通貨を進めるというか包囲網が、、、

人型(2)

JCB、仮想通貨のこと、わかってないね~(ー。ー#)

人型

JCB使える仮想通貨取引所てCCだけか かなり焦げ付いたのかな