投資で楽に稼ぐ人

サラリーマン生活からセミリタイアするというのは憧れですよね。

しかし、実際にセミリタイアするには貯蓄か不労所得がなければかなり難しいでしょう。

仮想通貨でセミリタイアを目指すことはできるのか、少しばかり検討してみました。


いくらあればセミリタイアできる?

セミリタイアするということは、これからは会社からの給料を受け取れないということを意味します。

大卒で定年まで勤めた時の生涯賃金は2億5000万円だそうです。

つまり、3億円があればセミリタイアできるってことですね。

宝くじなどで3億円という金額がよく設定されていますが、よく考えられていると思います。


しかし、宝くじを買い続けたところでそんなに当たるものではありません。

それよりも、自力で億単位の資産を築きあげる方法として有力なのが投資です。

仮想通貨でも1億以上の資産を生み出す、通称「億り人」が一時増加しましたね。

仮想通貨でセミリタイアを目指す

仮想通貨でセミリタイアを目指すというと、どれかの仮想通貨にありったけの資金を注ぎ込んで勝負をかけるようなイメージを持つかもしれません。

しかし、基本的にはセミリタイア資金は余剰資金から作り上げることをおすすめします。


仮想通貨はご存じでしょうが、大きく値段が乱高下することがあります。

そのため少額の資金でも一気に数倍にすることが可能です。

株と違って数千円からでも始めることができるのが仮想通貨のいいところですね。

数千円からスタートしたとしてもずっと2倍にし続けることができれば、いずれは大きな資産に成長します。

つまり、億り人を目指すとしても生活資金を削るようなお金の注ぎ込み方は必要ないってことです。


生活資金や緊急用のお金は投資に回してしまうと、精神的な負担になります。

「これに失敗したらどうしよう…」なんて不安は投資判断するにあたっては悪い効果しかありません。

リスクを取らなければ、大きなリターンもありません。

だからこそなくなってもいいような余剰資金からの投資をおすすめします。

トレーダーとしてセミリタイアする

とはいえ、投資でサラリーマンの生涯年収を生み出すというと果てしなく難しそうに感じます。

資金を投入して放っておいたらお金が増えるということもありませんし、仕事の合間に投資の勉強時間は取れないという人も多いでしょう。

ならば、セミリタイアして専業トレーダーとしての人生を歩みだすという選択も検討してみましょう。


例えば仮想通貨に限らず、毎月20万円ほどの不労所得が安定してあるのであればセミリタイアも夢ではないはずです。

フリーランスのブロガーや不動産投資での収入を得るという選択肢も考えてみましょう。


誰からも指示されず、自分のライフサイクルに合った時間に働くことができれば、それだけでも十分に人生楽しめそうに感じますね!

一方で、 脱サラすることで会社に守られているという安心感は失います

会社に勤めていると税金関係はすべて会社がやってくれますし、健康診断も会社、社会保険も会社と、勝手に環境が整備されていきます。

脱サラするということはそれらを全部投げ打つことです。

ある程度資産を確保してから脱サラしたほうがいいというのは、安心感を得るためでもあります。

セミリタイアを目指すなら準備が肝心

セミリタイアを目指すという人は、早い段階で具体的な目標を定めてください

「いつかセミリタイアできたらいいなぁ」というふわっとした考えよりも具体的にいつまでにセミリタイアするかを決めて、そこに向けて1日でも早く準備を始めましょう。


セミリタイアの準備にあたって、ライフプランを表にしてみてください。

税金や年金、保険の支払いなども考えながら生活費を算出しましょう。

不動産投資や仮想通貨取引で収入を得るという場合は、そのためにどれだけの資金を用意するか考えます。

いつまでにいくら必要なのか計算したら、それを目標に資金作りを始めましょう。


仮想通貨取引を専業としてセミリタイアにしたいと考えるのであれば、すぐにでも取引を開始した方がいいでしょう。

ちゃんと勉強してから、まとまった資金を作ってからと考えるよりも、少額でも実際に運用してみることで学べることは多くあります!

また仮想通貨取引は価格変動も大きいので、いきなり大金を注ぎ込むと失敗したときのダメージも大きく、立ち直れなくなってしまいます。

まずは資産形成の勉強として、少額からスタートしてみてください。


セミリタイアの前に必要なのは資産形成のループを作ることです。

最初にいつもの給料から一定額を投資用に振り分けます。

次に投資でその資産を増やします。

投資で増やした額と投資用に振り分けた資産を、さらに投資で増やしていきましょう

このように雪だるま式に資産が資産を呼び込むループを作ることがセミリタイアに不可欠な投資法となります。


このように投資を繰り替えして資産が大きくなれば、不動産投資などにチャレンジしてもいいでしょう。

セミリタイアのための資産の作り方は人によって違います。

現実的にセミリタイアができるかはともかく、お金に働いてもらう仕組みを作ることで資産を形成しましょう