仮想通貨の運用でなかなか利益を上げられない場合、ポートフォリオの組み方に問題があるかもしれません。
ひょっとすると「ポートフォリオ?なにそれ、おいしいの?」という方もいるかもしれませんね。

そこでおすすめのポートフォリオの組み方と、便利な管理アプリを紹介します。


時価総額の高いものは組み込むべし


ポートフォリオとは金融や運用では頻繁に使う用語で、持っている金融資産のバランスのことを示します。
基本的なスタンスとして、一つの通貨や銘柄だけではなく、いろいろな種類に分散投資することが推奨されます。
仮にどれかで損失を出しても、ほかで利益が出ればマイナス分を補填してくれるというのがその理由です。

仮想通貨のポートフォリオを考えるにあたって重要なのは、ビットコインの割合を大きめにすることだと思います。
仮想通貨は登場して間もなく、価格の値動きが比較的激しい感じです。
しかしその中でも基軸通貨になるビットコインは比較的安定した値動きをしているため、大きな損失を計上するリスクは低いと考えられます。
先物市場にも上場されたことで、ビットコインは今後さらなる値上がりも期待できます。

一方、ほかのアルトコインでは、ビットコインの価格変動の影響を受ける傾向があります。
ビットコインの保有率を高めにしておくと、アルトコインが下落したときのリスクヘッジにもなります。

さらに取引所でアルトコインを購入するためにビットコインが必要になるという実用的な理由もあります。
せっかくアルトコインが急騰しても手持ちにビットコインがないと、チャンスをふいにしてしまいます。
特に海外の取引所で運用する場合、日本円では調達できないのでビットコインを多く保有しておいた方が安心ですね!

アルトコインをポートフォリオに組み込むことも重要です!
この時、時価総額の上位に来ているアルトコインを選択するのがおすすめです。
下位と比較すると、大きく値上がりすることはないかもしれません。
しかし自分の資産を守る意味では、仮想通貨の中でも比較的値動きの安定している上位のアルトコインの保有率を高めておきましょう。

もちろん短期間で大きく稼ぎたい、そのためには多少のリスクもいとわないのであれば、値動きの激しい下位のアルトコインを少し組み込むのもいいでしょう。

多くの銘柄に手を出さないようにする


ポートフォリオを組むにあたって、多くの仮想通貨を取り入れた方がいいのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし結論から言うと、あまりいろいろな銘柄に手を出すのはやめた方がいいでしょう。

これは私の失敗談になりますが、多い時には10銘柄近く投資していました。
すると、すべてのコインの情報を網羅しきれなくなってしまいました。

特にマイナーな通貨になると、ネットでもなかなか情報を入手しづらくなります。
日本語のサイトがなかなかヒットせず、英語の情報しか得られないので、基本的に内容を理解するのにかなり時間と手間がかかってしまいました。
理解に手間取ると、結果的に利益確定や損切りのチャンスを逃すという致命的なミスにつながってしまいます。

仕事や家事などほかにもやるべきことのある人はあまり欲張らずに、最初のうちはメジャーなものを中心として、5銘柄を上限に投資するコインをピックアップすることをおすすめします。

ポートフォリオは定期的な見直しが必要

一度ポートフォリオを組んだらそれでおしまい!というのはかなりやばいです。

最初のうちは「これがベスト!」と思っていても、それぞれの仮想通貨は値動きします。
このため時間が経過すると、その時々のトレンドにマッチしなくなる可能性があるというわけです。

だからポートフォリオは定期的に見直すことが重要です。
それぞれのコインのプロジェクトが変化することもあり得ますので、だいたい1~3年に1回くらいのペースでポートフォリオを見直すことをおすすめします。

ポートフォリオ管理におすすめのアプリを紹介

ポートフォリオの管理できるアプリもいろいろと出てきています。
その中でも手軽に一元管理できるアプリをおすすめします!

Blockfolioは、自分の総資産がどのようになっているか確認するのに便利なアプリです。
もちろん、私も自分のスマホにインストールしています。

インストールしてアプリを開くと、アメリカドルで表記されますが、メニューでJPYを選択すれば、日本円表記に変更できます。
ちなみに1MMと記載されれば、それは100万円を意味します。

コインの選択肢がいろいろあって、タップするとチャートなどが表示されます。
それぞれの通貨が買いかどうかをアプリで判断できますよ!

Blockfolioは英語表記のみなので、「日本語で同じようなアプリが使いたい!」という人はCryptofolioがおすすめです。

日本で開発されたアプリなので、すべてのメニューが日本語表記されています。
見やすく操作も簡単なので、安心して使えます。基本的な使い方はBlockfolioとほぼ一緒です

ただし、円グラフでそれぞれの仮想通貨の保有率を表示してくれるので、割合を比較しやすいという特徴があります。

他にもポートフォリオを管理するツールはありますが、まずはCryptofolioあたりから利用してみて、その後さまざまなツールを利用していきましょう。
ポートフォリオを有効活用して、楽しい投資を心掛けましょう!