5月7日に、コインチェックでのモネロ(XMR)の出金と売却が再開されました。
今後、コインチェックではモネロ(XMR)の入金や購入はできなくなると思われます。
今後、完全に取り扱いがなくなる可能性もありますので、モネロ(XMR)の保管方法や、コインチェックに代わって取引できる取引所をチェックしていきましょう!


3行まとめ

・コインチェックでモネロ(XMR)の出金と売却が再開!

・モネロ(XMR)の入金や購入は再開される見込みがない

・コインチェックにモネロ(XMR)を保有している方は、ウォレットやほかの取引所に移したほうがいい!

コインチェックでモネロ(XMR)の出金と送金が再開

5月7日のコインチェックの発表によると、仮想通貨モネロ(XMR)の出金と売却が再開されました。
匿名通貨として国からも警戒されていたモネロ(XMR)ですが、最終的にはコインチェックのウォレット以外で保管するよう移動させる(出金)か、販売所でコインチェックに売り払う(売却)ことで決着がついたみたいですね。

今回コインチェックで再開されたのはモネロ(XMR)の出金と売却のみなので、モネロ(XMR)の入金や購入はできません
また、今後コインチェックが匿名通貨であるモネロ(XMR)の入金や購入を再開する見込みも限りなく薄いので、現在コインチェックでモネロ(XMR)を保有している方は、なるべく早めにほかの取引所やウォレットなどに移動させておきましょう!

また、モネロ(XMR)の出金する際には、「送金目的」を必ず毎回入力する必要があります。
資金洗浄(マネーロンダリング)防止対策を強化するためだと思いますが、ちょっと面倒くさいですよね?
今後、コインチェックでのモネロ(XMR)の自由な取引や入出金はできなくなるでしょう。

「持っているモネロ(XMR)は全部売り払うしかないの?」
「送金と言われても、モネロ(XMR)に対応したウォレットってどんなのがあるかわからない」
「今売ると損切りになっちゃうから、まだ長期で寝かせておきたいんだけど」

このように思っている方も多いんじゃないでしょうか??

そこで、モネロ(XMR)が自由に取引できるおすすめ取引所と、モネロ(XMR)の保管に最適なおすすめウォレットについて紹介していきます!

モネロ(XMR)の取引できるおすすめ取引所

現在、モネロ(XMR)が取引できる日本国内の取引所はひとつもありません。(※2018年5月11日現在)
モネロ(XMR)は取引履歴が追跡できない匿名通貨であるため、テロ資金や資金洗浄(マネーロンダリング)に利用される恐れがあり、日本の取引所では取り扱わないという方針が濃厚です。

日本がだめでも、海外の取引所があります!
でも、海外の取引所だとすべて英語表記になのでわかりにくいですよね。
そこで、海外の取引所でも日本語で分かりやすく利用できる取引所を紹介します。

バイナンス
バイナンスは100種類以上もの仮想通貨の取り扱いがある、大手の海外取引所のひとつです。
もともと香港にあった取引所でしたが、中国での仮想通貨規制が激しくなったことを機に、現在ではマルタ島に移転しました。

バイナンスがよくおすすめされる理由に日本語対応があります。
以前はサイト内で日本語表記に切り替えられたのですが、金融庁から仮想通貨交換業に無登録のまま日本人に営業していることで警告書を出されてしまいました。
現在では、サイト内にGoogleの翻訳機能を取り付けることで日本語にも対応しているので安心して利用できます

また、バイナンスの発行しているバイナンスコイン(BNB)というトークンを利用して手数料を支払うと、取引手数料が半額になります。
バイナンスでの取引手数料は0.1%なので、BNBを利用することで手数料が0.05%にまで抑えることができます。

ほかにも海外の取引所でもモネロ(XMR)の取引ができる取引所はありますが、バイナンス以外では日本語に対応していないので、英語に自信のある方以外にはおすすめできません。

モネロ(XMR)を安全に保管するには?

モネロ(XMR)がバイナンスで取引できることはわかりましたが、バイナンスにモネロ(XMR)を預けたままにしてもいいのでしょうか?
答えはノーです。
コインチェックの例もあるように、取引所のウォレットに仮想通貨を預けたままにしておくことは非常に危険です。
そこで、モネロ(XMR)を安全に管理するためのウォレットについて紹介していきます。

ハードウェアウォレット
仮想通貨を一番安全に管理する方法は、仮想通貨をネットワークから切り離して管理する方法です。
ハードウェアウォレットを利用すれば、仮想通貨の送受金に必要な秘密鍵をウォレット内に保管することで、物理的にネットワーク環境から切り離すことができます。

人気のハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノS)」は、アメリカでも大人気のハードウェアウォレットです。
そして、ついにレジャーナノSでもモネロ(XMR)が管理可能になりました!
しかも、レジャーナノSはモネロ(XMR)のほかにも、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、約20種類もの仮想通貨に対応しています!

安全性の高いハードウェアウォレットとしてTREZORLedger NanoSなどのハードウェアウォレットがおすすめされています!


ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

仮想通貨という大事な資産を守る方法として、レジャーナノS以上に安全な方法は他にないでしょう。
ただし、万全と思われるレジャーナノSでも、正規代理店以外で購入するのは危険です!
あらかじめ、内部に保管された秘密鍵を転送するようなウイルスが仕込まれている可能性がかなり高いからです。
レジャーナノSを購入する際には、絶対に正規代理店から購入するようにしてください!!
LedgerNanoS(レジャーナノS)の詳細な情報はこちらから

ウォレットアプリ
頻繁にモネロ(XMR)の入出金をおこなう人の場合、いちいちハードウェアウォレットを利用するのは不便ですよね。
そこでウォレットアプリを使うことをおすすめします。
ウォレットアプリなら、あなたのスマホがそのまま仮想通貨のウォレットに変身するので、かなり楽に管理できると思います。

「Monero Wallet by Freewallet」なら、iPhone・Androidの両方で利用できます。
また、無料で利用できるというのもうれしいですね!

ただし、ウォレットアプリを削除してしまった、スマホが壊れたといった、急なアクシデントには脆弱です。
バックアップを取ることで回避できる問題もありますが、スマホをなくしたりすると、本当に取り返しがつかなくなります。
少額ならウォレットアプリでも問題ありませんが、多額のモネロ(XMR)を管理するならハードウェアウォレット一択です。

世界で一番モネロ(XMR)を安全に管理できるLedgerNanoS(レジャーナノS)の詳細な情報や購入方法はこちら

ネットの反応

人型

コインチェックで再開したモネロをバイナンスに送金手続きをしたがいまだに送金されず。私はマネーロンダリングを疑われてるのかな?

人型(2)

さっそく送金遅延…

人型

やっぱり匿名コイン辞めるんだな
認可大詰めなのかな

人型(2)

モネロが先陣きってるよしよし!

人型

あぁぁ、帰ってきた!
黄泉の国(コインチェック)から戦士達(モネロ)が帰ってきた!

人型(2)

国内の取引所でモネロ扱ってるのコインチェックだけやからなー、、、
そのコインチェックも今通常営業じゃないし
とりあえずウォレットをだな、、、全部再開してほしい

人型

ん?モネロVのウォレットでたんか

人型(2)

ハードウェアウォレットが安心ですよ。オフライン管理が基本ですね。

人型

ハッキングが怖い方はハードウェアウォレットを買えばウォレットの中にウォレットアドレスが何個もありハードウェアウォレット自体に秘密鍵も入ってるのでハッキングされないし、いろんなトークンに応用できるからいいよね。
これ知らない人意外と多いはず。