三菱東京UFJ銀行は、自社で発行する予定の仮想通貨「MUFGコイン」の新たなサービスについて、アイデアを広く募集するハッカソンを開催する予定です。
優秀なアイデアを発表したチームには報奨金が出るほか、協同での実用化を検討する可能性もあります。
「ハッカソンって何ぞ?」という方もご一読ください。

(参考元:https://innovation.mufg.jp/fintech2018/#requirements より一部加工)


3行まとめ


  • MUFGコインを使ったハッカソンが開催予定
  • 参加資格は1チーム2~5名で、エンジニアが1名以上いること
  • 大賞は賞金50万円!しかも協同での実用化も検討されるかも

MUFGコインを使った新たなサービスを競うハッカソン

三菱東京UFJ銀行は、将来的に「MUFGコイン」という仮想通貨を自社で発行することを検討しています。
これに先立ち、MUFGコインを使った新たなサービスのアイデアを募集しているようです。

そこで今回、MUFGコインを中心に据えたハッカソンを2月から3月にかけて開催する予定です。

ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーから成るチームが、プログラミングによるアイデアや成果を競い合うイベントです。

メインとしては、MUFGコインを利用して、送金や決済のみならず、仮想通貨やブロックチェーンだからこそ実現できる、新たなサービスを模索しているようです。


ハッカソンの詳細情報や参加応募は、以下のリンクから確認できます。
↓           ↓
MUFG Fintech Challenge 2018
https://innovation.mufg.jp/fintech2018/#requirements

開催概要

■テーマ
デジタル通貨で生まれる新たな世界

■説明会&アイデアソン
開催日時:2018年2月3日(土)
9:30~12:30(受付9:00)
13:30~16:30(受付13:00)
定員:各回40名ずつ

■アイデアブラッシュアップ・ワークショップ
開催日時:2018年2月17日(土)
13:30~17:30(受付13:00)
※ハッカソン参加チームのみのイベントです。

■ハッカソンおよび表彰
開催日時:2018年3月3日(土) 10:00~22:00
     2018年3月4日(日) 10:00~20:30


■会場
The Garage(東京都中央区日本橋兜町9-1兜町第二平和ビル)

■参加費用
無料
※交通費は自己負担

■審査
審査チームより、利便性・新規性・完成度など観点から、各チームの成果物の審査を行います。

■表彰

  1. 大賞(1チーム):事業報奨金50万円
  2. samurai賞(1チーム):事業報奨金15万円
  3. ・フィードバック賞(1チーム):事業報奨金5万円

※優れたアイデアについては、今後主催者と協同で実用化を検討する可能性があります。

参加資格

  1. 法人または2018年2月17日時点で年齢が満20歳以上の個人であること
  2. 法人、個人問わずチーム(2名以上5名以下)で参加登録できること
  3. チームにエンジニアが1名以上いること
  4. チームで全日程に参加できること
  5. 本イベント用に提供するMUFGコインAPIを活用したプロトタイプを作り、それを使ってプレゼンできること

提供されるAPI

  • 認証(トークン発行)
  • アドレス一覧照会(銀行口座の口座番号に相当。MUFGコインの送金先に指定する)
  • 残高照会、入出金明細照会
  • 交換(円→MUFGコイン、MUFGコイン→円)
  • 送金、請求
  • 決済(決済処理、履歴紹介)
  • アドレス管理(作成、更新、削除、照会)
  • ユーザー管理(照会、更新)、友達管理(一覧照会、検索、追加、削除)

※スマートコントラクトをデプロイすることも可能です。

ネットの反応

人型

ここで出たアイデアとかめっちゃ知りたい!

人型(2)

金融機関が仮想通貨関連のハッカソンをやるのは国内初らしい

人型

しかし、いくらなんでも報奨金ショボすぎない?大賞50万円て

人型(2)

典型的な「外部のイノベーション」の取り込み。

人型

MUFGのハッカソン、誰も集まらなかったら笑える

人型(2)

賞金はMUFGコインじゃないのね。

人型

ぱっと思いつくのは、決済システム+αぐらいしか、思いつかんよなぁ・・・。
脳みそ硬い、のと同時に、仮想通過への見識が低いw

人型(2)

なんとなく、UFJはスタートアップとの協働に力を割いてる印象がありますねー。