頭がパンク
「まずはちゃんと勉強してから仮想通貨をやりたい」って思っても、勉強方法がわからなくて先送りにしてしてませんか?

もちろん本を読む方法もありますが、時代は21世紀インターネットでも気軽に情報収集ができます!

セミナーなんかもあるので、自分に合ったスタイルで自由に始められますね!


まずはインターネットを活用して情報収集しよう!

スマホを駆使する
仮想通貨は登場してまだ間もない技術だったので、私が運用に興味を持ったときには書籍などもまだあまり出回っていませんでした。

そこで頼りにした情報ツールがインターネットでした。

インターネットには数年前から仮想通貨に関する情報がいろいろと出ていて、いろいろと参考になる情報もありました。

今でも初心者向けに、仮想通貨とはどのような仕組みなのか、投資をするにはどういった手順を踏めばいいか、詳しく解説しているサイトもあります。


また、ツイッターなどのSNSも注目してほしいです。

特定のコインの値上がりやイベント情報など、仮想通貨に関する情報もいろいろとSNSを通じて出回ってきています

SNS情報で利益確定といったことも、これからの時代はオーソドックスな手法になるかもしれませんね。

ただし、フェイクニュースも多いので注意しましょう!


ネットで情報収集する最大のメリットは「授業料」がかからないところです。

有料のメルマガなどもありますが、無料で質の良い内容をたくさん書いてくれているサイトも多くあります。

ただし、内容の真偽などについては、できるだけ多くの記事を読んで自分の目を通して精査するしかないというのがデメリットでしょうか。


しかし、仮想通貨をやっていくならいずれネットでの情報収集力も必要となるので、あまり大きなデメリットではないと思います。

コスパの良い勉強法という意味で私はおすすめです。

勉強会やセミナーに参加してみる

セミナー参加
日本でも仮想通貨がようやく一般にも認知されだし、仮想通貨やブロックチェーンに関する社団・財団法人も出てきつつあります。

こうした団体が勉強会やセミナーを開催していることがあります。


セミナーでは、仮想通貨業界の関係者が講師となって登壇してくれます。

仮想通貨業界で第一線で活躍している人が講師になることも多いので、生の業界情報を入手できる点がセミナーのメリットです。


また聴講生との間で交流できるのも参加がおすすめの理由です。

参加者同士で話をすることで、自分の知らなかった情報を入手できたり、コミュニティに参加することができます。

人と交わっていくことで、ネットや書物からは入手できない貴重な情報を集めることができます


ただし仮想通貨のセミナーですが、ピンキリというのが正直なところです。

ためになる情報を与えてくれるものもあれば、ただ参加者の投資意欲をあおるだけのインチキ商売のようなセミナーも残念ながらあるようです。

どのような人が講師をしているか、業界で有名な団体が主催者として入っているか、申し込む前にしっかり確認しておきたいところですね。

王道の本で勉強する方法も

読書する人のイメージ
最近は仮想通貨をテーマにした書籍も書店によく並んでいます。

このような本を使って勉強するのも、もちろんよいと思います。


私も仮想通貨やブロックチェーンについて体系的にまとめられた情報が欲しいと思い、実際にいくつか書籍を購入しました。

私が読んだ仮想通貨に関する書籍の中でも、初心者が気軽に勉強するのにおすすめの書籍をいくつかピックアップしておきます。


まずは『取引所だけが書ける「仮想通貨」投資術』
こちらは「みんなのビットコイン」という取引所が出版している書籍です。

取引所だけが書ける「仮想通貨」投資術

超入門書ともいえる一冊で、「仮想通貨について興味はあるけど、具体的なことはほとんどわからない」という人は一度目を通しておくといいでしょう。

ビットコインの歴史、仕組み、売買方法など、これ一冊ですべて網羅されています。


ところで、初心者が仮想通貨の運用をする場合、無名のマイナーコインではなくメジャーなコインの方が無難です。

値動きなどもある程度予想できますし、大暴落して大きなダメージを負うことも少ないからです。

となると、やはりビットコインを使った取引は無視できないところですね。


そこで、ビットコインによる運用を検討している人におすすめなのが『はじめてのビットコイン』です。

はじめてのビットコイン

ビットコイン研究の第一人者が作った書籍で、ビットコインに関する詳しい解説が掲載されています。

なぜビットコインが支持を集めるのか、その魅力を理解するにはこの一冊が最適でしょう。


もちろん、書籍にもデメリットはあります。

仮想通貨は現在進行形で進化・発展していっており、書籍の情報は古くなりがちだということです。

「ビットコインとは?」「ブロックチェーンの仕組み」「チャートの見方」など基本的な内容については大きく変わることは(現在のところ)ありませんが、最近の動向などは絶対に古いのであまり信頼しなくていいでしょう。

もし書籍を購入する際には、いつ出版されたかは必ずチェックして下さい。

上で紹介した書籍を参考にするのはもちろん、できるだけ最近出版された本を読んだ方が現状に即した勉強ができるでしょう。