マイニングのイメージ
仮想通貨に興味をもって調べて出すと「マイニング」という言葉を知ることになります。

辞書で調べると「採掘」という意味が出てきます。


は?採掘ぅ?

どうして仮想通貨=データの話をしてるのにいきなり採掘なんて言葉が出てくるんでしょうか?


じつは仮想通貨とマイニングは深~い関係にあるんです!


仮想通貨のマイニングって?

ざっくりいうと、マイニング=仮想通貨が発行される、と考えてOKです!

もう少し補足すると、仮想通貨の取引を承認する作業で最初に作業を終えた人に新しく発行したその仮想通貨が報酬として付与されます。


ほかの通貨同様、仮想通貨も売買などの取引を通じてどんどん記録が付け加えられます。

基本的にもともとあった古い記録に新しい記録をプラスしていくのですが、もしこのつじつまが合っていないとシステム全体に影響を及ぼしかねません。


そんなことにならないように、計算による確認作業が必要になるのですが、その量は膨大になります。

ビットコインのようなメジャーな通貨の場合、世界各国に散らばっているコンピューターが分業でこの計算作業を行っています。

そしてこの計算を正確に、かつ最初に成功した人には報酬が支払われる仕組みになっています。

この計算作業を通じて報酬を得ようとすることをマイニングと言います。


ちなみにマイニングを日本語に訳すと「採掘」という意味合いがあります。

早く計算してビットコインを手に入れるスタイルが、鉱山で採掘して金などの貴金属を入手するのに似ていることから名付けられたそうです。

マイニングをしている人はマイナー(=鉱夫)と呼ばれます。


さて、詳しい仕組みは置いておくとして、マイニングで稼いでみたいとは思いませんか?

現在、マイニングのやり方には主に3種類のスタイルがあります。


ちょっと前までは電気代が安くて寒冷な中国の奥地にある倉庫や航空機の格納庫に、数千から数万台のコンピューターを詰め込んで一斉に稼働させてマイニングさせる方法が主流でした。

あるいは、仮想通貨の知名度が広まる以前なら、個人のPCでもマイニングができていました。


しかし、現在では個人で気軽にマイニングに参加するにはハードルが高すぎます

そこで最近では、だれもが気軽に参加できて報酬を分け合うようなマイニングも注目を集めています。

お手軽にできるクラウドマイニング

クラウドマイニングのイメージ
まず、誰もが気軽に参加できるのがクラウドマイニングです。


これは自分で直接作業する必要はありません

マイニングを行っている団体があるので、そこに料金を支払って作業代行を依頼します。

その出資している団体がマイニングに成功すれば、その利益が還元されるというものです。

いわば、「マイニングの投資信託」といったところですね。


通常、マイニングをするためには、それなりの専門的な知識や資金、設備が必要になります。

でもこの方式なら知識や十分な資金がなくても、専門業者にお任せするだけで報酬が受け取れます


ただし、なかには「マイニング代行します」と言ってお金を集めるだけ集めて姿を消す詐欺のようなものあります。

このような詐欺も一時期横行したので、クラウドマイニングに参加するときには運営者や運営団体のことをしっかりと調べてから参加しましょう。


ところでこのクラウドマイニング、お金を出せば利益が還元されるという意味では大変楽ですが、マイニング作業には一切関与していません

マイニングそのものを体験、あるいは参加してみたいとは思いませんか?


そこで次にマイニングプールについて解説します。

協力して計算をするプールマイニング

マイニングプールのイメージ
プールマイニングでは、実際に自分もマイニングに参加して報酬をもらいます


「いやいや、資金も場所もないからむりだよ」なんて思っちゃいますよね?

しかし、マイニングプールならそれができちゃうんです!


マイニングプールには、登録された複数のPCが参加しています。

それぞれのパソコンがCPUやGPUのリソースを提供して分担して計算することで膨大な計算作業が分散されます。

これにより、ハイスペックPCに負けずとも劣らない性能で効率的なマイニングが可能になります。


ドラゴンボールの元気玉みたいですね!
元気玉のイメージ

プールマイニングのメリットは、より確実に収入が発生することです。

そこそこのスペックのPCが、それぞれ単独で計算をやっても到底勝ち目はありませんが、複数のマシンパワーを合わせて作業をするのでより確実に報酬が発生します


自分が想定していた金額に近い報酬を受け取ることができるので収入にばらつきがなくなり、それなりに安定する可能性のあることも人気の理由の一つです。


ただしプールマイニングの場合、みんなで計算するので、発生した報酬もみんなで分け合います

当然、一人で行うときと比較すると1件当たりの報酬額は少なくなります


また、グループの中には参加する際に手数料を請求してくるケースもあります。

手数料といってもそれほど多額ではないですが、場合によっては多少コストのかかることも理解しておきましょう。

うまくいけば大きな報酬の得られるソロマイニング

ソロマイニングのイメージ
ソロマイニングはその名のとおり、自分ひとりでマイニングをするやり方です。


何から何まで自分ですべて行う必要がありますが、マイニングに成功したら報酬を独り占めできます。

通貨の種類によっては、短期間で大きな収入を得られる可能性があることが魅力です。


もちろん手数料なども不要です。


ただし、ソロマイニングではマイニングに成功できなければ、いつまでも収入は入ってきません。

そして、マイニングを成功させるには専用の機材が必要になります。


特にビットコインなどは仮想通貨の中でもメジャーな存在なので、すでに多くのマイナーが採掘作業を行っています。

当然競争率も高く、報酬を受け取ることは難しいでしょう。


家庭用の一般のパソコンでは太刀打ちできないといわれているので、かなりの資金を投じる必要があります。

趣味とかチャレンジ精神でやってみるという人以外にはあまりお勧めできません



単純にお金を稼ぎたいという人もいるでしょうが、仮想通貨に興味を持ってる人って技術的な面にも興味がある人も結構いると思います。

私個人としては、ぜひともマイニングプールに参加してみて、マイニングを肌で感じてもらえればと思います。


ちなみにですが、ちょっと前に流行ったBitZeny(ビットゼニー)なら簡単にマイニングプールに参加できます。

初期投資等も必要なく無料で始められるので、ぜひ挑戦してみてください!