仮想通貨を始めたいけど、いくらから買えるのか、どうやって始めたらいいのか分からないという不安はありませんか?
今回、仮想通貨を始めるにあたって、いくらから買えるのか、どうやったら取引が出来るのかという疑問に答えていきます!


いくらから仮想通貨の取引は始められる?

テレビや雑誌などいろいろなメディアで、仮想通貨のことを取り上げていますよね!
「仮想通貨を始めてみたい、でもどのくらいお金がかかるのか不安…」
こんな不安はありませんか?

結論から言ってしまうと、私のような一般庶民でも十分始められる金額でOKです!

通常、仮想通貨を購入するには取引所の利用が一般的です。
取引所では取引に最低必要な単位が決まっています。

仮想通貨の中でもビットコインを知っている人は多いですよね。
ビットコインを一例にとると0.0001~0.001BTCとしているところが多いです。

もし1BTC=100万円のレートであれば、100~1000円
1BTC=200万円の値をつけたとしても200~2000円です

この程度のお金なら、ちょっとお小遣いを我慢して仮想通貨を購入することも十分可能ですよね。
さらに国内取引所の中には、1円からでも仮想通貨を買えるところもあるほどです。

もちろん、このほかにも手数料の発生する可能性はあります。
しかしこの手数料を加えても、仮想通貨の種類関係なく1万円も元手があれば運用は十分に始められます

仮想通貨を始めるのにそれほど大きな金額は必要ありません。
あまり資金面で不安を感じることはありませんよ。

取引所ではなく販売所を利用すること

上で紹介したように、思っているよりも少額から仮想通貨取引が出来るということは納得されたと思います。
しかし仮想通貨取引所の中には、同時並行で販売所を運営しているところが多いことにも気を付ける必要があります。

取引所はトレードする場所で、販売所は仮想通貨を購入する場所です。

販売所でも仮想通貨を売却することはできます。
しかし、仮想通貨の運用を何度も行っている人が、頻繁にトレードするのは取引所になります。
販売所で購入した仮想通貨は、多くの場合そのまま塩漬けにしてしまうことが多いです。

なぜ取引所の方を頻繁に利用するのか、それはコストがかからないからです。

上で見たように、取引所なら少額からでも取引できます。
しかし販売所の場合、1万円を超える金額から出ないと買えないところも結構多くあります。
しかも、手数料も高くつくことがほとんどです。

少しでも安く仮想通貨の取引を始めるのであれば、販売所ではなく取引所を利用することをおすすめします

レバレッジ取引をする方法は?

仮想通貨の取引の中には、レバレッジ取引に対応しているところもあります。
FXの取引をしている人ならお分かりかもしれませんが、自分の手持ち資金の何倍ものお金を使ってトレードできるのがレバレッジです。

仮想通貨では、最大25倍ものレバレッジをかけられます。
少ない元手でも大きな利益を稼げる可能性がありますが、高倍率レバレッジをかけてトレードするのはあまりおすすめできません
もし取引に成功すればいいですが、失敗した場合レバレッジをかけた分の損失が計上されてしまいます。

極端な話ですが、10万円を元手にして25倍のレバレッジをかけて失敗したとします。
すると、250万円分の損失が計上されてしまいます。
つまり、元手として預けていた10万円を差し引いても、240万円の借金を背負うような形になります。

仮想通貨はまだ登場して間もないため、円やドルのような法定通貨と比較すると、値動きはまだ安定していない傾向にあります。
FXの世界でもレバレッジを使って儲けている投資家は1割もいないのではといわれています。

これから仮想通貨を始める人はいきなりレバレッジをかけるのは控えたほうが賢明です
仮想通貨に限らず投資には失敗するリスクはどうしても存在します。

もし失敗した場合のことも考え、自分が引き受けられる状況にとどめておくことも投資の基本です。

初めての方のために仮想通貨を取引所で購入する方法

仮想通貨を取引所で購入する場合、通常は自分の銀行口座から取引所の口座にお金を移すようにします。

口座間でお金を移動させる際に、入出金手数料が発生することがあります。
できるだけ余計なコストをかけたくなければ、それぞれの取引所の手数料を比較してから開設先を決めたほうがいいでしょう。

また口座振替のほかにも、クレジットカードを使って購入することも可能です。
「自分の取引している仮想通貨が買い時だけれども、入金している時間がない!」という事態は、結構な頻度で発生します。
また、土日祝日のような銀行のサービスが停止しているときなんかも切実ですね。

こんな時でもクレジットカード決済なら速やかに仮想通貨を購入できるので、トレードチャンスを見逃すことなく運用できるでしょう。

ただし、よほどの緊急事態の時以外で、クレジット決済を利用するのはおすすめできません
なぜなら手数料が多くかかってしまうからです!

クレジットカードを取り扱っている取引所の手数料を見てみると、だいたい10~13%に設定されています。
10~13%というと、ちょっとしたカードローンでお金を借りた際の金利とほとんど一緒ですね!!

これだけのコストをかけてトレードするなら、それなりの儲けを出さないと確実にマイナスになってしまいます

銀行振込であれば、クレジットカード決済よりは手数料が安くなります。
まずはこまめに口座に入金するよう心がけましょう!