仮想通貨の投資で大損をする人ってどんな人でしょうか?

投資初心者?仮想通貨を勉強していない人?

正解は、人の言葉に踊らされる人です!

大損した人に共通する特徴から注意点が見えてきます。

これから仮想通貨を始めても大損することがないように、しっかりチェックしましょう!


便乗して始める人は大損しやすい

便乗投資で大損した男性
「億り人」と呼ばれるような仮想通貨で大儲けした人がいる一方で、大損して大きな挫折を味わった人もいます。

個人的な感想ですが、後者の方が多いような気がしますね~。


なぜ大損してしまうのか?それは往々にして間違った運用をしているからです!

その中でも良くあるパターンが「誰かから聞いて儲かると思って」便乗するパターンですね。


仮想通貨に限らず、投資というのは『いかに最初にその銘柄を買っていた人が、後から買いたい人に高値で売りつけるか』というゲーム的な側面があります。

つまり、誰かから聞いてそのゲームに参加するということは、テーブルに着いた時点で既に高値で掴まされている可能性が高い、というわけですね。

もっと悪く言ってしまうと、先に購入していた他の投資家の利益確定のためにお金を出している『養分』のようなものです。
カイジ「勝たなきゃ誰かの養分」


例えば、有名なブログで「この仮想通貨は絶対に値上がるからおすすめ!」と紹介されていたとします。

ここで「マジか!早く買わなくちゃ!」と言うとおりに購入すると大損する可能性があります。


購入した当初は価格が上がっていき「お、うまく行ってるな!」と一見思いがちですが、この時すでに価格上昇はピークを迎えている可能性が高いでしょう。

なぜなら、おすすめだと言っている人からしてみれば、紹介した仮想通貨を購入する人がもっと増えて価格が吊り上がっていくのを待っているんです。


なので、あなたよりも前に購入していた人や仮想通貨をブログで紹介していた人たちは、自分たちが購入した時よりも価格が上昇しているこの時点で、もうすでに売り抜ける算段を立てています

こうなると、あとから遅れて参入した人はムダに高値つかみしている可能性が高く、少しだけ値上がりを経験するもののすぐに大きな暴落に巻き込まれて、購入時よりも低いレートで損切りせざるを得なくなります

これじゃ単にカモられただけで、全っ然楽しくないですよね。

利益を出せる人はどんな人?

仮想通貨で儲ける女性
逆に仮想通貨で利益を上げている人は、(言い方は悪いですが)カモの動きとは真逆の行動をすることが多いです。

彼らは誰も注目していない、あるいは注目され始めた仮想通貨を誰よりも早く購入します。

そしてブログで好材料を発信し、注目している仮想通貨の値上がりに一役買います


ここまでくると、「あのブロガーさんも買ってるんだ!」「これから値上がりするって言ってたよ!」と情報が広がり、その場の雰囲気に流されて購入する人ができます。

こうした人たちもブログやSNSで自分の購入した仮想通貨の宣伝をはじめ、さらに価格が吊り上がって一見青天井のように価格が上がっていきます。

なかには利益を出した人が「投資金額の何倍になった」と煽り、最後にまだためらっている人たちの背中を押します


最後に乗っかってくる人は自分で情報を調べられない人です。

自分で判断するのではなく、他人の「何倍儲かった」という言葉に乗せられて購入しています


この時すでに、最初に購入していた人たちはさっさと利益確定して売り抜けることを考えています

彼らは確実な利益を手に入れるために、安い段階で購入し、値上がれば惜しみなく売りに出します。


こうして最初に購入していた人たちが利確売りを始めると、当然ながら値段が下がります。

すると最後に参入したカモにされた人はびっくりして早めに売って損失を少しでも少なくしようとします。

それでさらに値崩れを起こして、売りが売りを呼ぶ結果になります。


そしてある程度下がったところで、また誰かが購入して値上がりしたところで売り抜ける、これをずっと続けて利益を増やしているというわけです。

仮想通貨のチャートと買い時の例


投資の世界には『うわさで買って事実で売る』という有名な格言があります。

これは仮想通貨でももちろん当てはまることです。

うわさの早い段階で買い、事実で売れば、勝つことも難しくないかもしれません。

しかし、うわさが周知となって、他人のあとを追従している限り、損を避けることはできないでしょう。

他人任せの投資判断はマジで危険!

大損する人を見てみると、「誰かが言っていたから」「うわさでこんなことを聞いたから」という方が結構多いですね。


しかし、買い物をするときなんかに店員や周りのお客さんの言うことを鵜呑みにして購入するでしょうか?

アドバイスは受けたとしても、自分のお金を出すのだから、後悔のないように最終的には自分で考えて購入しますよね。

その自分で判断する作業を放棄して、他人の意見で投資判断をしてうまくいくわけがありません。


大損しないためには、他人が「この通貨がおすすめ!」といわれてもそれを鵜呑みにしないことです。

本当にそうなのか、実態や将来性について調べる、今までどのようなチャートで値動きしたか調べましょう。

それで自分なりに判断して購入しないと、うまく運用できることはないでしょう。


もちろん長年運用してきた人、仮想通貨運用で大きな利益をあげた人の意見に耳を傾けるのはいいことです。

ただしそんな彼らも100%常に取引に成功しているわけではありません


思考停止状態で運用するのは危険ですし、鵜呑みにして失敗してもだれも責任はとってくれません

仮想通貨投資で失敗した人は芸能人にも多い

仮想通貨の話をテレビなどでしているタレントは多くいます。

実際に運用している方も少なからずみられますが、全員がうまくいっているわけではないようです。

中には結構な損失を被っている人もいるみたいです。


まずは平成ノブシコブシの吉村さんです。
ノブコブ吉村さん
そもそも彼は番組でビットコインの投資アプリ開発会社を取材して、そこから興味を持って投資することになったようです。

購入当初5万円程度だったのですが、それが4万5000円にまで値下がりしたので損切りしたようです。

しかしここでもう少し我慢してビットコインを持ち続ければ、倍以上の価値になっていました。もったいないことをしましたね。


ロンドンブーツ1号2号の淳さんもビットコインがメジャーになる前から投資していたみたいですね。
ロンブー淳さん
今では国内にもいろいろと取引所が出てきていますが、彼が運用していた当時はマウントゴックスしかなかったみたいです。

残念ながら、マウントゴックス事件のトラブルに巻き込まれてしまって大損したようです。

淳さんの場合は運用の問題ではありませんが、取引所が信頼できるかどうか慎重に見極めることが失敗を回避するために大事だということがわかりますね。


藤崎マーケットのトキさんも同じ芸人仲間のたむらけんじさんに紹介されて、仮想通貨の取引を始めたようですね。
藤崎マーケットトキさん
最初はそれなりに儲かっていたみたいですが、NEMの不正流出騒動に彼も巻き込まれてしまいました

その結果、6万円とICカードに当時チャージしていた6000円だけになってしまったそうです。


トキさんは仮想通貨を紹介してくれたたむけんさんに八つ当たりしてしまったようですが、投資は自己責任の世界です。

このように大失敗してしまう恐れもあることを理解したうえで、入念に準備して投資しましょう。