2017年11月6日に、ビットコインに次ぐ第2位の価値を持つ仮想通貨のイーサリアムが、Parity(パリティ)というウォレットにて、一部移動できない凍結状態となっているそうです!

凍結ということは、送金もなにもまったくできないということなので、非常に大変な事態です!!


実際のところ、凍結状態となっているのは主にICO(仮想通貨を利用したクラウドの資金調達)を行っていた企業のウォレットなので、ごく普通に取引などで利用していたユーザーは大丈夫みたいですね。

ですが、本当にやばいのは凍結よりも、パリティのウォレットの持つ問題点です。
7月20日以降に作成されたマルチシグウォレット(たくさんのカギがついている仮想通貨のお財布)には、とある問題点があるようです。




その問題点が何かというと、バグによりウォレットを開くためのコードがウォレットの中にあり、コードが取り出せなくなってしまうというものです。

イメージとしては、オートロックの部屋に鍵を置いたまま外に出て、締め出されちゃった感じでしょうか。「水曜どうでしょう」のインキーマンですね。



ちなみに、この締め出し機能がついてしまったのは、7月20日以降に作成されたマルチシグウォレットからです。
もしかしたら、この日以降にICOを行った企業のウォレットには、同じ問題が潜んでいるかもしれないというわけです!!


そこで、問題のあるコードを書き換えているときに、プログラムの大事なところまで消してしまったらしく、マルチシグウォレットがすべて凍結してしまったそうです。

ミスをカバーしようとしてより大きなミスをしてしまうなんて・・・とても残念ですね、パリティ。


今回の件で、イーサリアムが盗まれたり、消えたりするようなことはなかったようですが、今後も不安定なまま運用されると心配ですよね~。

自分の資産である仮想通貨を預ける取引所選びは、1番大事な部分です!!
とくに取引所の安全性や、信頼できるかといったポイントは超重要になります。

資金を適切に管理しているか、システムは安全か、きちんと見極めてからお金を預けましょう。

また、多くの人が利用している取引所を選ぶといいのもいいかもしれませんね。


国内だと、以下の3つがメジャーな取引所です。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)

これから仮想通貨をやってみようという方は、参考にしてみてください。

ネットの反応

人型

イーサは既に利確したので手放したんだけど、凍結やら遅延やら失敗って聞くと怖い〜不安要素ばっかり! あー早くネムネム起きないかな〜

人型(2)

イーサは期待値も高いんだけど、現状はまだまだ不安が多いなぁ。かなりのロングで見ていくしかないな

人型

イーサが凍結から解き放されたら一時的に下がるよね? たえられるかなぁ〜〜

人型(2)

この問題、ウォレット使ってなければ大丈夫なんじゃなくて、イーサを使ったICOに悪影響があるんだね。怖いのぉ。

人型

イーサ上がっても 取引所凍結食らってると… なんだかな~ (;´∀`)

まとめ

  • パリティのウォレットでイーサリアムが移動できなくなった!
  • 原因はパリティのシステムのミスを修正しようとしてさらにミスったため
  • 取引所はメジャーなところを選んだ方がよさそう