仮想通貨の運用というと「なんでそんなものやってるの?」とか「そんな怪しいものには手を出さない方がいいよ」とよく言われます。

仮想通貨という言葉は日本でも一般化した感がありますが、「なんだか怪しそう」というイメージはまだ払拭できていないと思います。

こうしたネガティブなイメージの背景には、仮想通貨=実体がないと思われていることが原因なんじゃないでしょうか?


後ろ盾の有無が仮想通貨と法定通貨の違い


「仮想通貨の運用をしている」というと、なぜかダーティーでネガティブなイメージがあるみたいです。
そう感じる理由は様々あるでしょうが、中でも「実体のないコインだから」というのが大きいようですね

じゃあ実体のあるコインはどうなのかというと、従来の法定通貨の場合、国や銀行がその価値を保証しています。
例えば日本円の場合、日本銀行や国がお墨付きを与えているので買い物のときに利用でき、アメリカドルやユーロなど、ほかの貨幣とも一定のレートで交換できます。

ところが、ほとんどの仮想通貨は特定の国が発行しているわけではありません
(もちろん国が発行している仮想通貨もありますが。)
つまり、仮想通貨の価値を保証してくれるような強力な後ろ盾がありません

また、仮想通貨はただのデータに過ぎず、いつ消えるかもわからないと思われている節があります。
特に年配の方に多いのですが、現金のように自分の手で触って確認できないものは怪しい・詐欺っぽいと思われているようです。

さらに、テレビのニュースで取り上げられるのは取引所のハッキングや顧客資金の流失など、ネガティブなニュースばかりです。
これでは仮想通貨がなんであるかを知るよりも前に、仮想通貨=危ないものというイメージを刷り込まれてしまいます。

だから「仮想通貨を持っている」というと、「そんな実体のない怪しいものを購入するなんて!」と思われるみたいですね。

仮想通貨は「お金」というよりも、金や銀に近い


実体のあるなしよりも、まずはどのようにして価値が裏付けされているかを考える必要があります。
じつは日本円と仮想通貨とでは、この裏付けの仕組みがまるで違います。
ここをはっきりさせないと、仮想通貨=実体がないという発想からなかなか脱却できないんじゃないかなと思います。

まず日本円についてですが、これは日本政府の財務的な信用に裏付けされて、世界的な価値が発生しています。
日本は財務的に安定しているというのは世界中の投資家の共通認識です。
だから、何か世界で不安定な材料が出てくると投資家たちはこぞって日本円を買い求め、結果として円高になります。

一方、仮想通貨ではマイニングが価値の源泉になっているといえます。
多くの仮想通貨はマイニングという採掘作業を進めることで、新しいコインが市場に出回ります。
マイニングが価値を見出す源泉と紹介しましたが、もう少し詳細に言うのであればマイニングのための設備費と電気代といえます。
これってじつは、貨幣よりも金や銀に近い性格があります。

金も銀も、市場ではそれなりに高い価値が付与されていますよね。
しかし、金や銀はどこかの政府が価値の裏付けをしているわけではありません
にもかかわらず、世界中で高い価値があるものと共通認識されている理由とは何でしょうか?

それは金や銀が市場に出る以前の「採掘と精錬」という工程がこそがカギとなります
この採掘や精錬に多くの費用や手間暇がかかるので、そこに大きな価値が裏付けされているわけです。
マイニングの設備費用や電気代も、仮想通貨が市場に流通するまでに必要な工程と言えますよね。
つまり、採掘・精錬と同じような意味合いを持っているから、両者は近いものと言えるわけです。

ところで、円は日本政府の財務力に価値を裏付けされている前述しましたが、これは実体といえるでしょうか?
財務力があるというのは、徴税力がしっかりしているとも言えるでしょう。
しかし「日本は財務力がある、徴税力がしっかりしている」というのは、まったく根拠のある話ではありません
つまり、「日本政府による円の価値裏付け」というものですら、世界中の投資家の思い込みによって支えられているといえるでしょう。

一方で、仮想通貨マイニングの設備費や電気代については、思い込みではなく実際に多額のコストがかかっています
その意味では法定通貨と比較すると、仮想通貨の方が実物的な価値を有していると結論付けられると思います。

もし「円やドルのような政府の発行している通貨と比較して仮想通貨は実体がない」と言われたら、「じゃあ円やドルになぜ価値があるのか?」と質問してみましょう。
上で見たように実物的な裏付けがないので、結局のところ相手は答えに詰まってしまうことでしょう笑
実体のない円やドルと比較して、仮想通貨の方が信用力に乏しいというのはそもそもの前提が間違っているわけです。

仮想通貨を疑う日本と現金を疑う世界


仮想通貨の運用をしている人は、日本人の中でもごく一部といわれています。
広く知られるようになっても、まだ眉唾物というイメージが浸透しているような気がします。
これには、上記のように「仮想通貨には実体がない=怪しい」という偏見や、現金を重視する風潮が関係しています。

一方、世界に目を向けると、アメリカなどではキャッシュレス文化が拡大していますし、アジアでも特に中国やインドではより進んだキャッシュレス社会が実現しつつあります。
こうした国々でキャッシュレス化が進む理由は様々ですが、ネガティブな理由が存在することも確かです。

例えば、現金を持ち歩くことが大きな危険を伴う
偽造貨幣が大量に出回っている
銀行やATMの数が非常に少ない
ハイパーインフレーションによる自国の貨幣価値の暴落

などのように、政情や社会が不安定な国であるほど、仮想通貨やクレジットカードなど、キャッシュレス化が進んでいるようにも思えます。
キャッシュレス化が進んだ理由には感心できませんが、必要に駆られて発展していったことは確かでしょう。

逆に、日本でキャッシュレス化が進まないのは、それだけ日本の通貨(円)の信頼性が高いことの裏付けになるとも言えるかもしれません。

一方、2020年の東京オリンピック/パラリンピックでは、多くの外国人観光客が訪日することになります。
訪日外国人たちに気持ちよくお金を落としていってもらうには、やはりキャッシュレス化は中心的な命題となるでしょう。
また、仮想通貨決済が可能となれば、円と自国通貨の両替なども必要なくなるので、買い物などもしやすくなります。

日本人が利用しようとせざると、世界の流れはキャッシュレス・ボーダーレスになりつつあり、その中心的役割を果たすのはやっぱり仮想通貨になるでしょう。

実体がなくても、多くの人が利便性を感じて利用すればするほど、仮想通貨の市場価値は上がっていきます。
そうなれば、もはや「仮想通貨は実体がないから怪しい」といえる人もいなくなることでしょう。