ビットコイン一人勝ち
「投資なんてマジ簡単。ビットコインさえ買えば儲かるw」
こういうことを本気で言ってる人を見たことがあります。

割と本気で1つの銘柄に集中投資していると、目も当てられないような手痛い失敗が待っています。
そこで分散投資の魅力とその方法について紹介します。


分散投資の魅力はリスク分散!

仮想通貨で運用する際に、「1つの特定の通貨に投資すれば大きな儲けが期待できんじゃない?」と思うことはありませんか?
確かにアルトコインでまだそれほどメジャーではないコインに投資すれば、大きな利益を短期間で得られるかもしれません。
過去の事例を見ても、数週間・数日で何倍も価格上昇した事例もあります。

いわゆる「億り人」になるためには、このような勝負をかけないといけないのかもしれません。

しかし、このように仮想通貨に集中投資するのは、ハイリスクハイリターンになりがちです。
安定した運用をしたければ、個人的にはあまりお勧めできません。

仮想通貨は短期間でぐっと急騰することももちろんあります。
しかしその逆も当然あり、短期間でガクッと暴落することもあり得ます。

実際2018年の年初ぐらいには、世界中で仮想通貨に関する規制が一斉に発表されて、どの通貨も軒並み急落しました。
下手すると100万円くらいお金を出して購入したところ急落して、あっという間に資金が10万円程度になってしまう、なんてことも現実としてあり得ます。

私も何度も経験がありますが、含み損が大きくなるとどうしても動揺してしまいます。
「やっば、もっと下がったらどうしよう…」と不安になり、ツイッターのちょっとした書き込みでもあたふたしてしまいます。
冷静さを欠いてしまうとますます正しい判断ができなくなり、不必要な損切や不適切なタイミングで売りに出してしまうことがあります。

そこでおすすめしたいのは、分散投資ですね。

分散投資をすれば、短期間で大きなリターンは受けられないかもしれません。
その一方で、大きな損失を計上することもなくなります

その理由は簡単な仕組みで、ある仮想通貨が急落して損失を計上しても、ほかの仮想通貨銘柄、あるいは金融商品がプラスであれば、その穴を埋めることができるからです。
つまり、リスクを分散させて、損失分は他の上がっているものの利益で補填するというのがベースの考え方となります。

分散投資の方法!それでも儲ける方法ってあるの?

では具体的にどれにどのくらいお金を出せばいいのかという話になりますね。
インターネットなどで調べてみると、ビットコインの割合を大きくするとよく書かれているでしょう。
確かにビットコインは仮想通貨市場の中でも主流の基軸通貨で、比較的価格も安定しています。
取り扱っている取引所もたくさんありますので、手堅く運用したければおすすめですね!

もし短期間である程度儲けたい、億り人になりたいというのであれば、多少のリスクを取るしかありません。
この場合、底割れを防ぐ意味合いでビットコインは1~2割程度持つくらいで、大半はそのほかのアルトコインで締めるのがおすすめです。
つまり、ビットコインはあくまでも優良な銘柄が出てきた際に追加購入するための資金や、暴落した場合の買い増し用資金という役割になります。

ただしそれほど大きな儲けを希望していない、とにかくリスクを最小限にしたいと思っているのであればビットコインの割合は半分近く占めてもいいでしょう。

アルトコインも複数に分散することが望ましいです。
アルトコインの中でもまずはイーサリアムやリップルのような比較的メジャーなコインは押さえておきたいところですね。
メジャーなアルトコインであれば、そこまでひどく価格変動することはありません。

そのほかに短期銘柄をいくつかピックアップする形が望ましいでしょう。
短期銘柄とは、ここ1か月くらいでイベントなど好材料が控えているものです。
イベントの数日前までに売り抜けてしまえば、利益を確定できます。
短期銘柄で利益を作り出し、メジャーなアルトコインを長期保有することで作り出した利益を増やしていく感じですね!

仮想通貨ファンドでもやってる分散投資は信頼性が高い!

ここでは実際に分散投資をしている仮想通貨ファンドの事例を紹介しますね。

あるアメリカの仮想通貨ファンドでは、10銘柄に分散投資をしていました。
この10銘柄とは、ビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・ダッシュ・ネオ・Zキャッシュ・モネロ・イーサリアムクラシックでした。
この中で約47%をビットコインで、そのほか50%ちょっとを9つのアルトコインに分散する方式をとっていました。

このファンドは2017年の1年間で、実に価値が約20倍に急拡大しました。
2017年は仮想通貨バブルともいえるほど市場全体が急激に拡大したので、これだけのリターンが得られたと考えられます。

一方、2018年に入って規制が厳しくなった影響を受け、仮想通貨は軒並み急落しました。
中には半分や何分の1に価格が急落したものがたくさんありました。
しかしこのファンドでは、そのような急落局面に入っても下落分は1/3未満に抑制できました

この数字を見ても、分散投資をすればリスクマネジメントがしっかりできるということがわかると思います。

また、分散投資の逆である集中投資をしてしまうと、とにかく安定しない銘柄が多いので常にチャートをチェックしないといけません。
賭けている唯一の仮想通貨が急落してしまえば、その影響をモロに被ってしまうからです。
こうなると仮想通貨取引は土日でも休みがないので、休みの日でも終日パソコンの画面から離れられなくなります。

その結果、仕事や家事など日常生活にも支障をきたしてしまうことは間違いありません。

複数銘柄を持っていた方がリスクが分散されるので安定感が増し、そこまでこまめにチェックする必要もなくなります。
仮想通貨投資はギャンブルではないので、手堅く地道に利益を出していくことが王道ともいえるでしょう。