仮想通貨を取引所口座に預けっぱなしにしていませんか?取引所にはハッキングによる流出・消失するリスクがあり、大変危険です!
2018年1月に生じたコインチェックのNEM流出問題により、仮想通貨の安全な管理方法として「ウォレットアプリ」に注目が集まっています。

仮想通貨ウォレットアプリの『Ginco(ギンコ)』 日本の企業がリリースしているので日本語対応しているうえに、とても分かりやすい仮想通貨ウォレットアプリ です。
しかも、イーサリアムを中心とした11銘柄もの仮想通貨の管理ができます!
さらに、ポートフォリオや両替機能も順次搭載予定!
Gincoがあれば、他の仮想通貨管理アプリなんて必要なくなるかもしれません!

今回、Gincoのおすすめできる理由と、その使い方について徹底解説していきます!!


いま、ウォレットアプリ『Ginco』がおすすめなのは何故?


2018年1月にコインチェックで起きたNEMの流出事件以来、仮想通貨の管理方法が問われています。
このサイトでも、どこなら安全に管理してくれるかという観点から取引所を調べ、おすすめしていますが、結局のところ、大事な資産を第三者に預けている以上、何かしらのリスクを負うことには変わりありません。
信用できる第三者であっても、コインチェックのようなことが絶対に起こらないとは言い切れませんよね?


信用のできない他人に預けるくらいなら、自分で管理していたほうが確実です!
しかし、コールドウォレットに移し替えてしまうと、急な価格変動や決済で用いるときには不便ですよね。
そこでいま、注目を浴びているのがウォレットアプリのGinco(ギンコ)

ウォレットアプリとは、仮想通貨のウォレット機能を持ったアプリのことです。
つまり、Gincoを使えば自分のスマホが仮想通貨を安全に管理できるウォレットに早変わりします!

でも、それって取引所のウォレットアプリを入れることと、何が違うのかわからないという方も多いのではないしょうか?

そこでまずは、仮想通貨を保管する「ウォレット」についておさらいしてみましょう

仮想通貨のウォレットの種類

おすすめ度を5点満点(★★★★★)としてまとめています。ご参考までに。

【おすすめ度:★★】
オンラインウォレット(取引所のウォレット)

取引所の口座に仮想通貨を入れっぱなしにすることは、そもそもおすすめできません!
というのも、コインチェックのように取引所そのものがハッキングされてしまえば、そこに入れてある仮想通貨がすべて盗まれてしまう危険性があるからです。

オンラインウォレットでは、秘密鍵は取引所や管理運営している会社のサーバー内に保管されています。
ハッカーは、このサーバーをハッキングして、まとめて保管してある秘密鍵を盗み出そうとします。
取引所のセキュリティは堅いものだと思っていましたが、コインチェックでは社員が怪しいメールを開封したことによりウイルスに感染するという、初歩的な方法に引っ掛かっていましたよね。

あるいは、最近登録申請を取り下げて廃業したビットステーションというみなし業者の例もあります。
ビットステーションでは、なんと顧客から預かった仮想通貨をモラルの低い社員が私的流用していました
これも顧客の秘密鍵を預かっているからこそ、できた行為と言えるでしょう。

例えどんなに堅牢なセキュリティシステムを構築していようとも、ヒューマンエラーやモラルに左右される環境に預けている限り、絶対的な信頼はありません。

それでも「やっぱり急な価格変動の時に備えて取引所に預けておきたい!」という方は、自分できちんと調べたうえで、信用しても大丈夫だと思える取引所に預けましょう!


一応、私がセキュリティを信頼して利用している取引所を紹介します。

私がメインで利用しているのは「bitbank」と「BitTrade」です。

bitbankはNEM流出事件の際に、いち早く顧客資産の分別管理とコールドウォレットを利用した仮想通貨の管理を明言し、顧客に安心感と信頼を与えてくれました。

また、BitTradeはbitbankと同じシステムを利用していることに加え、大手FX業者のFXトレードフィナンシャルの子会社が運営しているので、すでに培われているセキュリティに関する知識と経験が豊富なため、ある程度信頼しています。

もちろん、100%信じ切って全仮想通貨を預けるようなことはなく、取引に利用する残高のみ預けている感じですよ。

【bitbankアフィ】
【BitTradeアフィ】

【おすすめ度 ★★★★★(1番おすすめ!!)】
クライアント型ウォレット

自分のパソコンやスマホにウォレットアプリをダウンロードして、そこに仮想通貨を保管しておく方法です。

上記のオンラインウォレットや、取引所のウォレットアプリとの大きな違いは「自分が秘密鍵を保持している」ということ。
秘密鍵は仮想通貨の送金にかかわる重要なものです!
これを誰かに預けるということは、いわば金庫のカギを誰かに預けてしまうのと同じこと!
自分の資産を守るためにも最低限、秘密鍵を自分で管理するクライアント型ウォレットだけでも利用してほしいと思います。

クライアント型ウォレットは2種類あります。それが「完全型」と「簡易型」です。

《完全型》

My Ether Wallet(マイイーサウォレット)などが完全型の良い例ですね。
完全型は数十GBのブロックチェーンごとダウンロードするので、セキュリティは高いのですが、ハードディスクの容量をかなり食います。
記憶容量に余裕を持った端末で行いましょう!

《簡易型》

「完全型はちょっとハードルが高いなあ」と感じる方におすすめしたいのが簡易型です。
今回紹介する『Ginco』も簡易型クライアントのウォレットに分類されるでしょう。

あなたの持つスマホそのものに秘密鍵を保管するのでオンライン型よりもはるかに安全性が高いうえに、ブロックチェーンの全データをダウンロードすることはないので、完全型よりも少ないハードディスク容量でも安全に仮想通貨を管理することができます。

また、簡易型はアプリとしてスマホなどにダウンロードできて、気軽に取引や決済に利用できるというメリットがあります!

完全型・簡易型両方のクライアント型ウォレットについて言えることですが、ウォレットを入れているパソコンやスマホなどのデバイスがウイルスに感染してしまえば流出は免れないので、【デスクトップPC】【Androidスマホ】を使っている方は今すぐにセキュリティ対策ソフトを導入してください!
※セキュリティソフトを入れるべきもの・入れないでいいものがありますが、また別の機会に。。。

また、秘密鍵をローカルに保管している都合上、デバイスが壊れてしまえば同時に資産も失ってしまうことになります。
ウォレットアプリを利用する場合には、必ず定期的にバックアップを取るようにしましょう。

【おすすめ度 ★★★★】
オフライン型ウォレット(コールドウォレット)

ウォレットがオンラインに接続されている以上、何らかの拍子にウイルスに感染したり、ハッキングされてしまう可能性は否めません。
そこで、ネットとは切り離された状態で仮想通貨を保管する方法がコールドウォレットです。
急な価格変動があってもすぐに売買できない、決済には利用できないなどデメリットも結構あります。
基本的に、仮想通貨を長期間安全に保管するためのデバイスです。

オフラインで管理する方法としては、専用デバイスを用いるハードウェアウォレットと、紙と鉛筆でできるペーパーウォレットの2通りあります。

《ハードウェアウォレット》

ハードウェアウォレットなら、「Trezor(トレザー)」や「Ledger(レジャー) Nano S」が有名ですね。
私の周りでも、特にセキュリティ意識の高い人が積極的に活用しています。

なくしてしまう、壊してしまうという物理的なリスクはありますが、現時点では確実、かつほぼ完全なセキュリティを誇る管理方法だと思います。
もちろん、ハードウェアウォレットそのものにウイルスが仕込まれている場合もあるので、必ず正規代理店を利用して購入するのが大前提。間違ってもAmazon経由で買うのは止めていただきたい!(正規代理店を装っている業者がいます)

さらに悪いことに、「Trezor」や「Ledger Nano S」検索して出てくるページが公式ではない詐欺サイトである可能性があります。

正規販売代理店の公式販売ページURLは下記になりますのでご活用ください!
【レジャーナノSアフィ】

《ペーパーウォレット》

紙に秘密鍵を書いて保管するという、非常にシンプルな方法です。
秘密鍵を書いた紙が盗まれない限り、絶対に安全といえるでしょう。

しかし、燃えてしまう・なくしてしまう・捨ててしまうといった危険性は、ハードウェアウォレットよりも高いといえるでしょう。
確実に管理するには、耐火性の金庫にしまうほかないので、簡単そうに見えて案外一番お金のかかる方法かもしれません。

また、現時点でペーパーウォレットを作成できるのは海外サイトのみです。
安全性に関しては非常になんとも言い難いところがありますので、ペーパーウォレットの発行は自己責任でお願いします。

ウォレットアプリ『Ginco』がおすすめされる理由とは?


今回の本題に入りますが、Gincoとは株式会社Gincoがリリースしている、仮想通貨ウォレットアプリです。
上記で紹介したクライアント型ウォレットに分類されます。
したがって、 Gincoで管理する限り、オンラインからのハッキングで保管している仮想通貨が流出してしまう可能性は限りなく低い といえるでしょう。

特にiPhoneに用いられているiOSはセキュリティがしっかりとしているので、自ら変なアプリをダウンロードしない限り、ウイルスに感染する可能性は非常に低いと考えられています。
(著名な有料セキュリティソフトESETがiPhone向けのセキュリティソフトを作らないのはそのためです)

また、以下の4点のメリットからもGincoはおすすめされています。

【Gincoのおすすめ理由 その1】
高水準のセキュリティ

上記でも紹介しているように、Gincoはクライアント型ウォレットです。
その特徴は、仮想通貨の資産を自分自身の手で管理できること!
ウォレットのアクセス権はユーザーにしかないので、たとえ運営している株式会社Gincoがハッキングを受けたり、急に倒産(ないとは思いますが)したとしても、それで口座が凍結される心配はありません。
しかも、独自の暗号通信方式を採用しているそうなので、ハッキング対策も万全です。
自分の資産を預けるにふさわしいウォレットとしては、現在考えられる中でも高水準のセキュリティを誇るといってもいいかもしれません。

【Gincoのおすすめ理由 その2】
安心の純国産アプリ

Gincoは日本の企業が作ったウォレットアプリです。
株式会社Gincoのホームページでは、社員の方々の顔写真や経歴がはっきり紹介されています。

コインチェックの例もあるので、必ずしも国産だから安心できるというわけではありません。
しかし、実名・顔出しもしている一企業が、莫大なリスクを負ってまでアプリにウイルスを仕込んだり、詐欺を行う可能性は非常に低いと考えられます。
こうした点からも、Gincoは信じられるものだと思います。

【Gincoのおすすめ理由 その3】
大手メディアでの掲載実績あり

Gincoは日本経済新聞や、NEWS PICKS、BUISINESS INSIDERなど、大手メディアでの掲載実績があります。

大手メディアが安全性を担保してくれるというわけではありませんが、こうして取り上げられているからには、信じられる部分があるからだと思います。
Gincoに対する期待の大きさや安全性といったものは、こうした客観的な目線からも推し量ることができますね。

【Gincoのおすすめ理由 その4】
説明書がいらないほどわかりやすい!

多くのクライアント型ウォレットは海外製であることが多いですよね。

「これって本当に大丈夫なのかな?」
「解説サイト見ながら設定してるけど、よくわからない・・・。」

こんな不安な経験をしたことはありませんか?
Gincoはシンプルな日本語UIなので、まったく迷うことがありませんでした。
画面や操作も非常にシンプルなのでわからないこともなく、ストレスを感じることがありません。

ウォレットアプリ『Ginco』今後の予定

2018年4月現在、iOS版のみリリースされています。
公式のロードマップによれば、5月ごろにはAndroid版もリリース予定とのことです。

現在Gincoで取り扱っている仮想通貨は、下記の全11銘柄。

・Ethereum
・0x
・Augur
・DigixDAO
・EOS
・Kyber Network
・OmiseGo
・Status
・TRON
・ZILLIQA
・Decentraland

Gincoは現在、イーサリアムとイーサリアムベースの仮想通貨が利用対象となっています。
理由として、イーサリアム上のトークンであるERC20は数多くのICOで利用されているので、今後多くの仮想通貨に対応するためにも、必然的にイーサリアムベースの仮想通貨への対応が優先されたのだと思われます。
今後はビットコインやビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインなど、多様な仮想通貨にも順次対応していく予定です。

さらにGincoはウォレット機能だけでなく、資産状況を確認できるポートフォリオや、仮想通貨同士の両替、ICO投資などにも順次対応していくようです!個人的に凄く楽しみです!
つまり、Gincoさえインストールしておけば、ほかの仮想通貨関連アプリは必要なくなるかもしれませんね!

Gincoの使い方

ここではiPhoneを使ったGincoの設定方法と、仮想通貨の受け取り方法について紹介していきます。
ウォレットアプリというくらいなので、基本的にはほかのアプリと同様にダウンロードして利用します。
もちろん、無料で利用できますよ!


●まず、App Storeを起動し、「ginco」と検索してみましょう。
するとGincoのアプリが先頭に表示されます。
『入手』をタップして、自分のスマホにGincoアプリをダウンロードします。


●ダウンロードが終わったら、Gincoアプリを起動します。
すると画面に『今すぐ始める』というボタンが出てくるので、これを押しましょう。


●まずユーザー名を設定します。
このユーザー名は送金相手などに表示されますが、あとから変更することもできます。


●次に、暗証番号を設定します。
6桁の数字を入力しましょう。
生年月日や電話番号、ほかのサービスで利用している暗証番号を流用しないようにしてください。


●最後に、利用規約に同意していきます。
3つの利用規約すべてに目を通し、同意する場合にのみボックスにチェックを入れてください。

以上でGincoの導入は完了です。


●今度は、取引所の口座からGincoに仮想通貨を移し替える方法です。
まず、Gincoのホーム画面から受け取りたい仮想通貨を選択し、『受け取る』という部分を押します。


●すると、受取画面が表示されます。
受取画面に記載されている公開鍵をコピーして、送金先アドレス欄に貼り付けて送金依頼を出しましょう。
これで、数分後にはGincoに送金が行われているはずです。


以上で、Gincoの操作方法の解説は終了です。

思っていたよりもずいぶん簡単でしょ?

まとめ

今回、仮想通貨のウォレットアプリ『Ginco』について紹介しました。
今は11種類の仮想通貨しか取り扱いがありませんが、いずれビットコインや他のアルトコインの取り扱いも始まる予定です。
また、仮想通貨の両替機能やICO投資にも順次対応していく予定です。
Gincoは次世代を担う、万能の仮想通貨アプリとして注目しておきましょう!