今回は仮想通貨取引所CoinPark(コインパーク)について紹介します。
CoinParkは新しく登場した取引所ですが、取引所収益の100%がCPトークンの保有者に配当されるとして話題になっています。
今回CoinParkの手数料や使い方について紹介していきます。


CoinParkとは?


CoinPark(コインパーク)は中国の仮想通貨取引所になります。
なんといってもその特徴は、CoinPark取引所の収益の100%が取引所トークンであるCPの保有者に配当されるということなんです。

CoinParkの収益の100%が配当されるというのは最初の2週間だけだったのですが、その後はCoinParkの収益の90%が配当としてCP保有者に分け与えられています

収益のほとんどが配当としてあてがわれるということは、CoinParkの収益が増えれば配当額も比例して増えるということです!
さらにCPのトークンとしての価値も上がるので、最高に都合よくいけばCPを保有していても売りに出しても、どちらでも大きく儲けることができそうですね!笑

2018年7月19日現在、CoinParkでは取引が一時停止から再開していないため、配当は全くない状態であると推測されます。
しかし、今後CoinParkでの取引量が増えてくれば、配当金額も大きくなるので非常に期待できるものとなりますね!

ちなみにですが、CoinParkの取引所トークンである「CP」はICOではなく、取引所で購入するか、CoinPark上での取引手数料のキャッシュバック分として受け取ることができるようです。

CPの発行上限枚数は100億枚で、うち60億枚はユーザー報酬分として、残りの40億枚は取引所がロックアップしているようです。
CoinParkでは取引することをマイニングと呼んでいて、このロックアップされたCPについては前日マイニングされた割合に応じて翌日に市場へと流通されています。

で、最も気になるのはこのCPの価格が上がるか、ひいてはCoinParkでの取引量が増えるかということなんですが、これは非常に期待できるといわれています。

それというのも、CoinParkは有名な海外仮想通貨取引所であるBiboxと提携関係にあることが挙げられます。
当初、Biboxとの提携はSCAM(詐欺)と思われていたのですが、CoinParkとBiboxの両方に問い合わせたユーザーが、両社から「戦略的協力関係にある」との回答を得たとのことです。

また、CoinParkではBitboxトークンのBIXの取り扱い表記があることからも、CoinParkとBiboxが提携していることがうかがえます。

BITPROのようにあやしい新興取引所もあるなかで、大手の取引所との提携関係を結び信頼性を高めたCoinParkは今後も発展性がうかがえそうですね!

仮想通貨取引所BITPRO(ビットプロ)の手数料・使い方は?

さらに、こちらのサイト様の情報によると、過去に最大60倍も上昇したトークンを発行した取引所Fcoinに出資している複数の企業が、CoinParkにも出資しているようです!

ということは、CoinParkのトークンCPも今後大幅に価格が上昇する可能性があると考えられます!

CoinParkの信頼性を高めてくれるBiboxや出資会社の存在、取引量が増える仕掛けとして保有すれば配当がもらえるトークンCPなど、CoinParkは他の新興取引所と比較して、成功する可能性が高いのではないかと非常に期待できます。

ただし、良い話ばかりではありません。
2018年7月19日現在、CoinParkでは全面的に取引が停止されています。
再開予定は未定ですが、これでは収益が上がらないので、配当ももらえていない状況ではないかと思います。
しかし、取引所はまだ正式オープンではなくCoinPark Beta、つまりβ版なので、現在何かの不具合に対応している可能性も考えられます。

また、CoinParkはかつてのBionanceのように日本語対応していますが、当然ながら金融庁に仮想通貨交換業者として登録しているわけではありません。

今後も継続的に利用し続けられるかどうかは、正直なところわかりません。

ただし、今のうちに口座を作っておいて、金融庁から指導が入るまで利用し続けるという方法もあります。
とりあえず新規登録しておけば損することはないのでおすすめです。
CoinParkで配当をもらってみる

CoinParkの手数料は?

取引手数料は以下の通りです。
テイカー:0.10%
メイカー:0.10%

CoinParkの使い方

本人確認しなくても、1日2BTCまでは出金ができます。
また、CoinParkのサイトは基本的に英語表記になっていますが、日本語表記に変えることもできるのでわかりやすく登録や取引ができます。

登録や利用はもちろんスマホからも可能です。
しかし、CoinParkの公式サイトの画面がスマホ対応していないので、かなり拡大しないと見づらいという点から、今回はパソコンで登録してみました。
ただし、方法や画面はほぼ同じはずなので、スマホから登録する人もよかったら参考にしてくださいね。
CoinPark公式サイトはこちらから

画面右上の国旗マークをクリックすると表示する言語が選択できます。
今はアメリカの国旗マークになっているので英語表記になっています。


日本の国旗マークを選択すると、日本語表記になりました。
これで安心して登録ができます。


基本的には他の仮想通貨取引所と同じ方法で登録できます。
まずはメール登録からです。
パスワードも一緒に登録しましょう。
他の取引所で利用しているパスワードは絶対に使いまわさないようにしてください。


Binanceとかでも出てくるあれです。
正式な名前はわかりませんが、バーをスライドさせてパズルのピースをはめ込むやつですね。
じつはスマホでも試してみたのですが、スマホでは画面が小さくバーのスライドが若干やりづらく感じてしまいました。
これなら、パソコンのマウスでさっさと操作したほうが簡単ですね。


これでメールアドレスの登録が完了しました。
CoinParkからメールが届いているはずなので、さっそく確認してみましょう。


メールを見てすごいびっくりしました。
漢字だらけでスパムっぽいですが、送信元を確認するとCoinParkとなっています。
送られてきたメールのリンクをクリックすれば、CoinParkへの登録は完了です。

CoinParkへの登録は以上です。
あとは二段階認証やSMS認証も忘れずに設定しておきましょう。

1日2BTCまでの出金なら本人確認をしなくでも可能です。
紹介制度もやっているようですので、ぜひ興味のある方を誘ってみてはいかがでしょうか?
CoinParkを始めてみる

今回、新しい仮想通貨取引所CoinParkについて紹介しました。
大手仮想通貨取引所と提携している点や、過去にトークン価格が上昇した取引所に出資していた会社がCoinParkにも出資している点から、CoinParkの信頼性・発展性はかなり期待できると思います。

また、CoinParkが発展し取引量が増えれば、CP保有者への配当金額が増えるという点、さらにCP自体のトークン価格の上昇も見込まれるという点から、CoinParkは当たればかなり熱いと思います!
懸念点としては現在取引が停止されていることですが、悪意ある取引への対応措置だったため、間もなく取引機能が再開すると思われます。