先日の話になりますが、2017年11月29日、国内最大の仮想通貨取引所bitFlyerが、アメリカでの仮想通貨交換業のライセンスを取得し、アメリカ取引所を開設することになりましたね。
その一方、モナコインはアメリカ取引所で上場されず残念な結果となりました・・・。

(参考元:https://twitter.com/bitflyer


3行まとめ


  • bitFlyerがアメリカでの仮想通貨取引所を立ち上げ!!
  • BitLicenseを世界4番目に取得、ニューヨークを含む42州で運営予定!
  • 期待されていたモナコインはけっきょく上場されず。残念!

bitFlyerのアメリカ取引所が正式ローンチ!

国内最大級の仮想通貨取引所であるbitFlyerの子会社である、bitFlyer USAが、ニューヨーク州金融サービス局が制定したBitLicenseを、世界で4番目に取得しました!

このBitLicenseを取得することで、bitFlyerはニューヨーク州を含めた、全米42州での仮想通貨交換業をできるようになったということですね。


ちなみに、ニューヨークって何があるかわかりますか?
そう、世界経済の中心地、ウォール街があるところです!!


(参考元:https://www.add7.net/ny/wallstreet.html

いわば金融街のお膝元で、仮想通貨取引の仕事を許可されたということです。スゲェ!

モナコインは上場されず


(参考元:https://xn--n8jlgf8kkk0850r.com/monacoin/

bitFlyerアメリカ取引所の華やかなニュースの影に隠れて、暴落しているのがモナコインです。
純国産仮想通貨ともいわれるモナコインは、現在bitFlyerやZaifなどに上場しています。


今回、アメリカ取引所の正式ローンチに併せて、モナコイン(MONA)もそこで上場されるのではないかと期待されていて、11月28日の21時前には、1MONA=870円台を推移していました。

しかし、そこをピークにして価格が下がる傾向にありましたが、11月30日19時現在では700円以上に回復しています。


(参考元:https://www.coingecko.com/en/price_charts/monacoin/jpy#panel

1週間前まで300円台だったんですから、本当に凄い上がり方ですね。
こんな急騰・急落の中でもうまく高値で売りぬいて「いや~、儲かったわ!!」と喜色満面な人もいれば、高値の900円台で買ってしまい、その後どんどん暴落していく様を見せつけられて絶望した人もいたでしょう。


まさに波乱に満ちた一夜でしたが、bitFlyerアメリカ取引所の動向やモナコインの上場など、今後も注意深く見ていく必要がありそうです。

ネットの反応

人型

モナココインのアメリカ上場が決まれば前回の最高値挑戦もありうる

人型(2)

これはつまり、ニューヨーク州金融サービス局認定通貨モナコインになるわけですね 腹筋が壊れますね

人型

多分bitflyerのスプレッドに絶望してアメリカ人が怒り狂うと思う

人型(2)

第一回モナコイン暴落を経験した身としてはさっきのは暴落でもなんでもない 調整だ(`・ω・´)

人型

モナコインって検索すると暴落って出るの草でしょ。今朝買ったぞおい!

人型(2)

調子乗ってモナコイン結構買ったから暴落に絶望してずっと寝れない????

人型

クソ暴落してる今言うとただの強がりにしか見えないけどモナコインは1,000円超えるからまぁ見てなって