11月11日から12日にかけては、チャートから目が離せませんでしたよね。
そう、ビットコインが大暴落しているんです!!


先月から始まったビットコイン価格の急上昇は今月に入っても好調で、一時は1BTCが87万円台に突入して、このままさらに上がり続けるかに思われました。
しかし、突然に急落が始まり、一時は61万円台まで落ちた後、現在(2017/11/13 19時)では1BTCが72万円台になっています。

たったの数日で、ビットコインの価格は25万円近くも下がっているということになります。


これで大損してしまった方も多いのではないでしょうか?

今回は、このビットコインの大暴落と、それと関係して価格が上がってきているビットコインキャッシュについてみてみましょう。


これまでのビットコインの状況

ビットコインは2017年の8月と10月に相次いで、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドに分裂(ハードフォーク)してきました。
ビットコインを親として、ビットコインキャッシュとビットコインゴールドという子どもが生まれてきたような感じですね!


分裂後は、子どものビットコインキャッシュもビットコインゴールドも、ビットコインほどではありませんが、ほかのアルトコインよりもきちんとした価格がついていました。
もちろん、親であるビットコインはもっと大きな価格がついていました。

こんな状態が続いていたので、「とりあえずビットコインが分裂すれば価格が上がって儲かるのね!」っていうふうに、皆さん思っていたと思います。
それも相まって、Segwit2xのハードフォークまではビットコインの価格は上昇し続けると思われていたんですね。

Segwit2xが中止してから何があったのか?

ガンガンビットコインの価格が上がって、多くの人が「もうすぐ1BTCが90万円台に届くんじゃない?!」と期待していたさなか、11月9日にSegwit2xのハードフォークの中止が発表されました。

その結果、ビットコインの価格は急降下、一気に74万円台にまで下がりました。
このときから、ビットコインに集まっていた資金がアルトコインに流れ始めました。


さらに追い打ちをかけるかのように、ビットコインクラシックが発表したのが「ビットコインクラシックの開発終了と、ビットコインキャッシュがビットコインに成り代わり、正式なビットコインになるだろう」というものでした。

ビットコインクラシックとは?

まず、ビットコインには1MBというブロックサイズの上限があります。

このブロックに約10分間のビットコイン取引の情報をぎゅうぎゅうに詰め込んで、ある処理をすると、10分前に生成されたブロックのしっぽに、今できた新しいブロックをガチャンとつなげます。
これがビットコインのブロックチェーンというやつですね。

このブロックチェーンには、過去のすべてのビットコイン取引の情報が詰まっています。

近い将来にビットコインの取引が増えてくると、いままで約10分かかっていたブロックの生成にもっと時間がかかり、取引の遅れや中止になってしまうと考えられてきました。


そこで、「ブロックをもっとでかいやつにして、もっといっぱい取引情報を詰め込めるようにしようぜ!」という考えのもと、開発が進んでいたのがビットコインクラシックです。

しかしここにきて、ビットコインクラシックの開発を中止するとの発表。
つまり、ビットコインクラシックがこの世に出回ることはなくなったということです。

ビットコインキャッシュの時代が来る?

ビットコインクラシック自体は開発中止で、それ以上のことはありません。
しかし、このときの発表内容には、次のようなものも含まれていました。

2018年の5月までにはビットコインに成り代わって、ビットコインキャッシュが正式なビットコインになるかもしれない


実際のところ、本当にこのようになるかはわかりません。
けれども、今回のSegwit2xのハードフォークが中止されたことで、結局ビットコインのブロックサイズ問題が未解決のまま先延ばしにされてしまったということには変わりませんよね?

そこで、ブロックサイズの上限が8MBにまで拡張されているビットコインキャッシュのほうが、今後利用されるのではないか、つまり「ビットコインキャッシュがビットコインの代わりに主役になってくるんじゃない?」と考えられ、ビットコインが売られて、ビットコインキャッシュが買われている状況です

そしてビットコインが大暴落!一方でビットコインキャッシュもいまいちな様子・・・?

ビットコインキャッシュが正式なビットコインになるというのは、もちろんまだ本当に決まったことではありません。
しかし、この情報を受けてからビットコインのマイナーがマイニング作業を前よりも行わなくなったことで、ビットコインの未承認取引が増大し、価格が暴落してしまいました。


下のチャートを見ると一目瞭然ですね。
ずっと右肩上がりだったビットコインの価格が、11月10日を境に、ガンガン下がっていってます。


https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

先のなさそうなビットコインに見切りをつけて、多くのマイナーがビットコインキャッシュや他のアルトコインのマイニングに移ったのかもしれません。


一方で、ビットコインキャッシュでは、以前よりもマイニングが活発に行われるようになり、ビットコインとは逆に、11月10日から価格がガンガン上がっていました。
前日の11月9日までは7万円台だったのが、11月12日の15時台には24万円台にも届き、たったの3日間で約3倍以上も跳ね上がったということになります。


https://cc.minkabu.jp/pair/BCH_JPY

さらに、ビットコインキャッシュは31万円台まで高値を出したところで急落。
しかしこのあと、ビットコインキャッシュは16万円台にまでガクっと急降下しました。

なんとこの間、たったの30分の間の出来事だったようです!


11月13日19時現在では、ビットコインキャッシュは13万円台にまで落ちているようです。
この一瞬を見極めて稼げる人が、デイトレーダーとして成功しているんでしょうね・・・。

ちなみにですが、ビットコインも一時61万円台にまで下がったものの、現在は70万円台をふらふらとしています。

このように、ほんのちょっとした情報で短時間のうちに価格が乱高下するのも、仮想通貨の面白いところだと思います。


私はビットコインの価格がまだ下がりきっていないうちに購入してしまい、初っ端から損をしました。泣

ネットの反応

人型

ビットコイン暴落で+200万になっててワロタ

人型(2)

ビットコインはこれからどうなるんでしょうかね〜ビットコインは暴落したら買いたいと思っています。

人型

ビットコインはこれからどうなるんでしょうかね〜ビットコインは暴落したら買いたいと思っています。

人型(2)

ビットコインが暴落している。今が買い時と飛びつきたいところだが、なぜ暴落しているのか理由を調べてからでも遅くはない。以上が前回の暴落時に大損した私の学びである。参考にするがよいぞ。

人型

おかんの機嫌が悪いと思ったら ビットコイン暴落しててわろた

人型(2)

Bitcoinが暴落しすぎてて買い時が分からない

まとめ

  • ビットコインが暴落
  • Segwit2xの分裂中止と、ビットコインキャッシュが正式なビットコインになるかもという発表が理由
  • 一時はビットコインキャッシュ祭りで価格上昇するものの、一瞬で熱が冷める