今回は、仮想通貨のなかでも時価総額第3位(2017年12月現在)のビットコインキャッシュ(BCH)についてご紹介していきます!ビットコインキャッシュの特徴や、購入方法、今後の発展について見ていきましょう。

(参考元:https://zenisoku.com/bitcoin-gold-2x/ より一部加工)


ビットコインキャッシュの概要

ビットコインキャッシュは、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ、時価総額第3位の仮想通貨です!
(2017年12月現在)

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐(フォーク)した仮想通貨です。
しかし、ブロックチェーンの容量(取引台帳の大きさ)や、開発者、マイナーなどは、ビットコインとはまったく異なります!


ビットコインキャッシュという名前ですが、ビットコインとは根本的に違うものと思っていてください。
ちなみに、ビットコインキャッシュもアルトコイン、つまりビットコイン以外の仮想通貨に分類されています。

ビットコインキャッシュのリアルタイム価格

ビットコインキャッシュの通貨単位はBCHです。
しかし、取引所によってはBCCと表記される場合もあります。

ビットコインキャッシュの特徴

ブロックサイズは8MB

ビットコインキャッシュがビットコインと異なる点は、ブロックサイズが異なるという点です。
もともとブロックサイズが1MBという制限のあったビットコインでは、将来的に取引量が増えたとき、承認に時間がかかり、取引に遅延が発生すると考えられていました。

そこで、この問題を克服するために、ビットコインキャッシュのブロックサイズは容量が8MBにまで引き上げられているんです!

リプレイプロテクション

たとえば仮想通貨Aというものあったとして、これがハードフォークすると仮想通貨Aと、新たに仮想通貨A’というものが誕生するとします。
このとき、分岐したブロックチェーンはそれぞれ独立した台帳となり、ブロックチェーンAと、ブロックチェーンA’に分かれます。


この2つのブロックチェーンは、もともと同じ仕様でできています。
なので、仮想通貨Aを送金したときにブロックチェーンAに記録された取引情報は、ブロックチェーンA’のほうにも仮想通貨A’を送金したとして記録されてしまいます。

これを悪用して、仮想通貨Aの取引情報をコピーして、仮想通貨A’の取引情報を作り出し、勝手に仮想通貨A’を流出させようとすることをリプレイアタックといいます。

このリプレイアタックに対する防御対策をリプレイプロテクションといい、ビットコインキャッシュにはこの機能が実装されています。
つまり、ビットコインキャッシュはセキュリティが向上されているので、より安全な取引ができるということですね!

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐したものですが、前述のとおり、開発者やマイナーはビットコインのコミュニティとは異なります。
なので、ビットコインと同じような高値が付くとは必ずしも限りません。

現状では、ほかのアルトコインと同様、その他大勢の仮想通貨のうちの1つです。
しかしビットコインキャッシュのコミュニティの中には、いつかビットコインキャッシュがビットコインに成り代わり、主流の仮想通貨として流通する日が来ると主張している人たちもいます。


どこまで信ぴょう性のある話か分かりませんが、分散投資をするうえで、ビットコインとともに購入しておいて損のない仮想通貨であると思います。

ビットコインキャッシュの入手方法

ビットコインキャッシュを入手する方法は2通りあります。
ビットコインと同様、取引所を通して購入するか、マイニングによって手に入れる方法です。


ただし、個人がマイニングに参入するには非常にハードルが高くなっています。
というのも、ビットコイン同様、すでに多くの企業がビットコインキャッシュのマイニングに参入しており、これら企業のほうがマイニング設備に巨額の費用投じています。

さすがに個人が自宅のPCをフル稼働させてマイニングに参加したところで、到底勝ち目はないでしょう。
それよりも、取引所でトレードを行った方が、はるかに効率的に稼ぐことができます!

ビットコインキャッシュのウォレット

仮想通貨を保有するにはウォレット(お財布)が必要です。
一番手っ取り早いのは、CoincheckやbitFlyerなど、取引所のウォレットを利用する方法です。

とくに、頻繁にトレードを行う人なら取引所のウォレットにビットコインキャッシュを入れておいて、いつでもすぐにトレードできるようにしておいた方がいいでしょう。
しかし、長期で保有する場合には、必ず自分のPCやスマホにウォレットを作って、ビットコインキャッシュを保管しておきましょう。

取引所のウォレットのほうが確かにお手軽ですが、取引所がハッキングされたり、破綻した場合には、預けていた仮想通貨を取り出せなくなる可能性があります。


一方、個人のウォレットを利用する場合、安全性は高いのですが、移し替えるのに手数料がかかってしまいます。
なので、少額をちょこちょこ移すのではなく、ある程度まとまった額で移し替えるようにしましょう!

安全性の高いハードウェアウォレットにはいくつか種類があります。
ビットコインキャッシュの公式サイトには、対応ウォレットとしてjaxxウォレットLedger Nanoウォレットなどが紹介されています。

ビットコインキャッシュのチャート

ビットコインキャッシュの長期的なチャートを見たい場合、CoinGeckoというサイトがおすすめです。
下のウィジェットの、青字で「歴史相場を表示」と書かれているところをクリックすると、過去のチャートが見られます。

また、Coincheckなら、ビットコインキャッシュの取引ができるうえに、短期的なチャートを確認するのに見やすく便利です。

ビットコインキャッシュの購入方法

日本円で購入できます!
ビットコインキャッシュを取り扱っている国内の仮想通貨取引所も多いので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

海外の取引所の場合は、ビットコインを使って購入できます。

ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所

  • coincheck
  • bitFlyer
  • Zaif

など