ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨といえばビットコインですよね。
でも、実は仮想通貨にはビットコイン以外にもたくさんの種類があります。

では、ビットコインとはどのような特徴を持った仮想通貨なのでしょか?
ビットコイン以外の仮想通貨とは、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は、ビットコインについて詳しく解説していきます。

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上で利用できる新しいお金のことです。
しかし、実際に硬貨や紙幣が発行されているわけではなく、完全にインターネット上の電子データとしてのみ存在するお金なので「仮想通貨」と呼ばれています。

ビットコインとは?仮想通貨とビットコインの違い

仮想通貨とビットコインの違いが判らないと思ったことはありませんか。

ビットコインとは、数多くある仮想通貨のうちの1種類の銘柄にしかすぎません。

一方で、ビットコインが世界で初めて登場した仮想通貨であり、ビットコイン以外の仮想通貨(=アルトコインといいます)は、すべてビットコインのソースコードを元にして作られています。


したがって、ビットコインは仮想通貨の1種類ですが、仮想通貨はすべてビットコインを元にして作られています。

ビットコインとほかの仮想通貨との違い

すべての仮想通貨は2種類にわけることができます。
すなわち、ビットコインと、それ以外です。

ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン(オルトコイン)」といいます。
ビットコインのソースコードはインターネット上で公開されているので、ある程度知識がある人ならば、誰でもアルトコインを作り出すことができます。

したがって、すべてのアルトコインはビットコインを元にして作られているといえるでしょう。


アルトコインは現在400種類以上もありますが、今後の値上がりに期待できるものもあれば、まったく期待できないものまで、まさに玉石混交といった状態です。

事前情報なしに手を出すと失敗する恐れもあるので、慣れないうちはイーサリアムリップルなどの主要アルトコインから試してみましょう。

ビットコインの基本単位

「円」や「ドル」のように、ビットコインにも、通貨単位があります。
ビットコインの通貨単位は「BTC(ビットコイン、ビーティーシー)」というもので、「1BTC」のように表記されます。

また、「XBT」で表記しているところもあります。
円やドルなどの通貨の場合、「JPY」や「USD」のように、先頭の2文字が国を表していますが、金や銀など国の管理とは独立しているものに関しては「XAU」や「XAG」などのように、元素記号とともに、先頭にXをつける慣習があります。

ビットコインも国の管理とは独立しているので、先頭にXをつけて「XBT」と表記されるようです。


2017年11月現在、1BTCあたり80万円前後で値動きしています。

ここまでビットコインの値段が上がってしまうと、日常で利用する際に不便ですよね。
つまり、BTCよりも小さな単位が必要となってきます。

そこで現在では、mBTC(ミリビットコイン)という単位が使われることがあります。
ミリは1,000分の1なので、1BTC=1,000mBTCということになります。


ビットコインの最小単位は、ビットコインの考案者であるサトシ・ナカモトに由来して「Satoshi」と呼ばれています。
1BTC=100,000,000Satoshiですので、1Satoshiは1億分の1BTCです。

これはさすがに単位として小さすぎるので、通常の送金などで利用されることはほとんどありません。

ビットコインの歴史

ビットコインの誕生

ビットコインは2008年11月にインターネット上に公開された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P電子現金システム)」という1本の論文が元となっています。

この論文の著者であるSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)という人物は明らかな日本名ですが、その正体は不明であり、本当に日本人なのか、個人名なのかあるいは複数人での名義なのか、その一切が謎に包まれています。

最初の取引はピザ2枚

当然ながら、誕生したばかりの頃のビットコインには、ほとんど価値はありませんでした。
はじめてビットコインと法定通貨が交換されたときのレートは1BTC=0.09円だったそうです。


世界で初めてビットコインによる取引が行われたのは、2010年5月にあるプログラマが1万BTCとピザ2枚を交換したことだといわれています。
1万BTCは現在だと約80億円にもなります。

これを機に、ビットコインは時代に注目を浴びるようになり、やがて円やドルといった法定通貨と交換できる環境ができていきます。

マウントゴックスがビットコイン取引所としてサービス開始


(参考元:Coin Choice マウントゴックス(Mt.GOX)口座開設後の破たん劇

2010年の7月には、トレーディングカードゲームの「マジック・ザ・ギャザリング」のオンライン交換所を運営していたマウントゴックス社が業務転換し、ビットコインの取引所を開始しました。

マウントゴックスは日本に拠点を持ち、当時世界最大のビットコイン取引量を誇るまでに成長しますが、のちに顧客のビットコインの99%を消失してしまうという「マウントゴックス事件」を引き起こします。


当時のレートは1BTC=7円でした。

キプロス危機により、ビットコインが注目される


(参考元:ビットコイン百科事典 自国の金融危機から【ビットコイン】で資産を守った人たち

2013年3月に、ギリシャ危機の煽りを受けて、EUとIMF(国際通貨基金)から、資金援助の代わりにキプロスの銀行預金者に負担を求められたことで、金融破綻に陥りかけたキプロス危機が起こった際に、法定通貨の信頼が下がり、資産の逃避先としてビットコインが注目されるようになりました。

国や組織の都合に左右されない、独立性の高い通貨が求められていたことがわかります。


このときのレートは一時1BTC=4,597円にもなり、過去最高の価格になりました。

闇サイトで利用されていたビットコインがクリーンな通貨に

2013年10月にアメリカの違法薬物の取引を行っていた「SilkRoad」という闇サイトの運営者がFBIに逮捕され、サイトが閉鎖されました。

この闇サイトでは、匿名で利用できるという点と、銀行などの管理機関が不在のため口座を凍結される恐れもないという点から、ビットコインを利用していたようです。

SilkRoadのサービス開始以前は、1BTCあたり数十円の価値しかありませんでしたが、サービス開始後には1BTC=数百円にも跳ね上がりました。

もちろん、違法な行為で利用されていたという点では良い印象を与えてくれませんが、サービス停止まではこのサイトでのビットコイン利用が大きなウェイトを占めていました。
また、このサイトでの利用によってビットコインの価値が上昇したという側面もあります。


なお、SilkRoadが閉鎖した現在、ビットコインは再びクリーンな通貨として注目されています。


ちなみに、SilkRoadの運営者が逮捕・サイト閉鎖になったときには、すでに1BTC=13,356円にも値上がりしていました。

マウントゴックス事件


(参考元:ビットコインに影を落としたマウントゴックス事件とは

ビットコイン史上最悪といわれる事件が、マウントゴックス事件です。

当時、世界最大のビットコイン取引所として世界の70%のビットコイン取引シェアを占めていたマウントゴックスですが、2014年2月に、顧客から預かっていた65万BTCと28億円がハッキングによって消失したと発表しました。

しかし実際にハッキングによって失われたのは一部であり、被害の大部分はマウントゴックス社の当時社長だったマルク・カルプレス氏が横領していた可能性が浮上し、カルプレス氏は逮捕されました。


もちろん、ビットコインのシステムに問題があったわけではありませんが、やはり世間の目として「ビットコインも危険だ」「もう終わりだな」というふうに見られてしまいました。


しかし、このマウントゴックス事件の教訓をもとに、2017年4月から改正資金決済法が施行されたのです。

  • 仮想通貨取引所の登録制
  • 経営資産と顧客資産の分離義務
  • 監査の義務化

など、取引所が私たちの財産を適切に管理してくれるよう体制が整えられ、安心してビットコインを預けられるようになりました。

ビットコインが分裂


(参考元:ビットコイン分裂がほぼ確定、BIP91ロックインと今後のシナリオ

2015年8月、ビットコインが分裂し、新たな仮想通貨ビットコインXTが誕生しました。

ビットコインでは、10分毎のビットコイン取引(=トランザクションという)データが格納されたブロックが作成され、それが以前のブロックにつなげられていくというブロックチェーンにより、すべてのビットコインの管理が行われていますが、このブロックサイズは最大1MBとなっています。

これまでのところ、1MBのブロックサイズでも問題ありませんが、今後ビットコイン利用者がさらに増えてくると、ブロックサイズは同じ要領のまま、トランザクションの数が増えてしまい、ブロック作成の時間がかかってしまい、取引に遅延が発生してしまうと考えられています。


これをスケーラビリティ問題といいます。

このスケーラビリティ問題によってビットコインコミュニティが分裂してしまい、結果として開発チームの一部がビットコインのブロックチェーンをフォーク(=同一のブロックチェーンから複数のブロックが分岐すること)させ、ビットコインXTを分裂させました。


また、2015年12月にはビットコインアンリミテッド、2016年2月にはビットコインクラシック、2017年10月にはビットコインゴールドがビットコインから分裂しています。


さらに2017年11月にはSegwit 2x(B2X)という仮想通貨がビットコインから分裂する予定です。

B2Xの分裂がビットコインにどのような影響を及ぼすかは未知数ですが、市場に何らかの影響を及ぼすことが予想されています。
今後も注意深く動向を探っていく必要があります。

ビットコインはいま、買いどきなのか?

あまり買い時ではないかもしれません。
なぜなら、2017年の10月で急激に価格が上がっているからです。


(米ドル表示されているが、ビットコインが誕生した当初から現在までの値動きがわかる。
https://blockchain.info/ja/charts/market-price?timespan=all より抜粋。)

「1BTC=100万円とかになってしまったら手も足も出ない!買うなら今しかない!!」と焦る気持ちも十分に理解できますが、ここまで急上昇しているということは、どこかのタイミングで急降下し始めても何の不思議もありません。

とくに、2017年11月にビットコインからB2Xが分裂したあと、どのような値動きをするのかまったく予想がつきません。

もしこれからビットコインを購入するつもりなら、11月のフォークを待った方が良いかもしれません。
フォーク後に、一旦ビットコインの値上がりが落ち着くか、多少値下がりする可能性も考えられるので、そのタイミングを待つのも方法でしょう。


いずれにせよ、ビットコインがここまで値上がりしてくると、必ず利益確定(利確)のためにビットコインを売り出す人たちが出てきます。
ビットコインの売り手が増えてくると必然的にビットコインは値下がり始めるので、可能であればそのタイミングまで辛抱強く待ち続けましょう。


また、仮想通貨関連のニュースもチェックしておきましょう。

仮想通貨はまだ市場規模が小さいので、ささいなことで急激な値動きをすることがあります。
とくにビットコイン保有者が「やばい!」と思うようなニュースが流れた際には、ロスカット(損切り)に走ってビットコインが売りに出され、さらに値が下がります。


最後に、ビットコインのみに活路を見出すことはやめましょう。

つまり、ビットコインに全財産をつぎ込んだとしても、損した際にダメージも大きくなってしまいます。
なるべくアルトコインも含めて複数種類で購入することでリスクを分散させましょう。

まとめ

今回、仮想通貨の代表的な存在であるビットコインについて解説しました。

ビットコインは仮想通貨の代表格であり、すべての仮想通貨の元となっています。
ほんの数年前まで大した価値もなかった通貨ですが、現在では無視できないほどの存在感を示しています。

今すぐは買いどきではありませんが、今後の動向に注目し、値下がりが始まってから購入するようにしましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin