(参考元:https://vc-ch.com/adacoin/adacoin-beyond-20-yen より一部加工)

最近、アルトコインの快進撃が止まりませんね!!
しかし、値上がりしているから絶対安全というわけではありません!

今回は、最近爆上げしているにもかかわらず、ちょっぴり怪しさがぬぐえないアルトコイン、ADAコインと怪しい噂について紹介していきます。


(参照元:http://godtanu.hateblo.jp/entry/2016/11/18/013945)

3行まとめ


  • 詐欺コインと思われていたADAコインが急騰!!
  • 不透明で怪しい部分もあるけど、値上がりしていることは事実
  • 儲かるかもしれないけど、投資は自己責任で!!

ADAコインとは

ADA(エイダ)コインとは、Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォームで利用される通貨です。
この点、イーサリアムに近しいものがありますね!


ちなみにADAコインの名前は、世界最初のプログラマーであるエイダ・ラブレスに由来しているとか。


(参考元:http://www.nikkei-science.com/page/magazine/9908/19c.html


2017年の1月からプレセールを開始し、1ADA=0.3円ほどでした。
Bittrexでの上場が一度延期されたのち、改めて10月2日に上場、その約2週間後には10倍に跳ね上がり、3円台になりました。

また、ADAコインの開発には、あのイーサリアムの開発に携わっていたチャールズ・ホスキンソン氏がかかわっている、ともいわれています。


さらに詐欺コインという噂もありますが、詐欺なのか安全なのか、いずれにせよ確証はありません。
人によっては「詐欺にしては手が込みすぎているので安全」という方もいるようですが、非中央集権的な仮想通貨であるからこそ、不透明になっている部分が怪しくて気になりますよね!

また、以前はかなり怪しいセミナーを展開していて、そこで積極的に購入をすすめられた人も多かったようです。

怪しいポイント①:チャールズ・ホスキンソン氏は本当に関与しているのか?


(参考元:http://xn--eck3a9bu7cul.pw/articles/hM00I

開発者のチャールズ・ホスキンソン氏は公式の場ではADAコインの名目を出したことがないそうです。
実際にホスキンソン氏のツイッターをチェックしてみましたが、ホスキンソン氏が直接的にカルダノやADAコインに言及するツイート内容は見つかりませんでした。

ただ、ホスキンソン氏がCEOを務めるInput Outputがカルダノ財団に含まれているため、同氏が全く関与していないということはないと思います。
でも話題にしないということは、じつはブランドとして名前を貸してるだけだとか、何か裏がありそうですね・・・。

怪しいポイント②:セミナーが胡散臭い


(参考元:http://sekaiokaere.hatenablog.com/entry/2015/04/12/205900

ADAコインが上場した現在、すでにセミナーは行われていないと思いますが、以前開催されたセミナーに参加した人たちは「胡散臭い」「マルチっぽい」「アムウェイかよ」などと、かなり警戒されていたようです。

なにせビットコインを引き合いに、将来は数百倍になるとか、オンラインカジノゲームで利用されるだの、あのイーサリアムに関与していた天才数学者が開発しているだの言われても、ちょっとどころかかなり警戒しちゃいますよね。


ちなみに、こうした仮想通貨にまつわる怪しいセミナーはADAコインに限らず、仮想通貨全般で横行しているようです。
最近私が聞いた話だと、毎月数万円払うと、人工知能が今後上昇する仮想通貨銘柄を判断し、適切なタイミングで通知してくれるサービスへの勧誘セミナーというものがありました。

今後もこのようなセミナーで、仮想通貨のねずみ講とか、聞いたこともない草コインを購入させられるようなキャッチセールスとか流行りそうですよね。

怪しいポイント③:ADAコインを主催している団体が不透明すぎる

ADAコインはカルダノ財団が主催している仮想通貨です。
このカルダノ財団っていうのが、3つに分解できるみたいですね。

  • Input Output
  • Cardano Gameing Group
  • 株式会社アテインコーポレーション



まずは順に上から紹介していきましょう。

Input Outputというのが、ホスキンソン氏がCEOを務める会社で、カルダノ・ブロックチェーンを開発・構築するチームですね。

Cardano Gameing Groupはカルダノラボと呼ばれているようです。
山本純矢氏を筆頭に、ベトナムで活動している会社だそうです。
アジアをマーケットに、ウォレットやイーサリアムを利用した仮想通貨ビジネスに携わっているようです。


最後に、日本でADAコインの販売代理店を請け負っていたアテインコーポレーションですが、なかなか臭いですねw

以前、アテインコーポレーションの販売が違法ではないという見解書を、エターナルコインを主催しているエターナルリンク社の法律顧問を務めていた中野秀俊弁護士が提出していました。

が、唐突に顧問契約が終了しました。


また、もう一人の法律顧問であった小林弘明弁護士も、「弁護士としての品位を失うべき非行に該当する」行為を行ったらしく、弁護士懲戒処分を食らい、名前を消されたみたいです。

さらに、2017年4月にはADAコインのプレセールが終了したため、アテインコーポレーションが閉鎖されました。

閉鎖にあたり、アテインコーポレーションから出されたメッセージが以下のものです。
「エイダコインのプレセールが終了しエイダコインがネットワークに乗れば価値は市場が決めます。そのためプレセール担当であったアテインコーポレーションはこれ以上の業務がなくなります。(中略)大切な資産を活かすも殺すも出資した自分であることをお忘れなきようよろしくお願いいたします。」
(参考元:http://cardano.biz/CardanoProject/?p=455 より)

つまり「とりあえずADAコインを売りつくしたから俺たち一抜けするわ!買ったのは自己責任だから、あとで俺らにグダグダ言うなよ!!」とも読み換えられそうですね。
これでよくも、ブチ切れなかったものだなあと思います。



(参考元:https://cardanofoundation.org/ja/project/

アテインコーポレーション無き現在、EMURGO(エマーゴ)という、カルダノ・ブロックチェーンを利用したアプリケーションを構築するベンチャー企業がグループに加わったようです。

ADAコインを買うなら危険性も熟知したうえで!

そんなこんなで、さんざん胡散臭い詐欺コインと思われていたADAコインですが、現在は1ADA=60円台にまで急成長しています!!
どうも12月15日から12月16日にかけて24円から45円にまで急騰し、そこから右肩上がりに伸びていってるようですね!


(参考元:https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/cardano/jpy#panel


さて、そんなADAコインですが、急成長していることと、安全なコインであるということはイコールではありません。
ADAコインを購入される場合には、この点をよく踏まえたうえで購入しましょう。

ちなみにADAコインは日本国内の取引所からは購入できませんので、アメリカの仮想通貨取引所Bittrexで購入できます。
本人確認にパスポートが必要となりますが、中学生レベルの英語がわかれば、すぐに口座を開設することができます。

ネットの反応

人型

イーサリアムを改良した最終進化版だからね チャールズ氏の集大成

人型(2)

まあプレ組はクソミソ言われて売りたくなってもどうすることもできなかったからね

人型

今から乗っても間に合いますか?

人型(2)

億り人多すぎて日本経済おかしくならないかこれ

人型

買おうとしてたけどいつまで経っても口座開設できないから波に乗れなかったわ

人型(2)

ネズミ講じゃねーか 通報案件や

人型

ねずみ講ワロタ

人型(2)

恩をADAで返す

人型

すごーく儲かるんだって

人型(2)

こんなよく分からんブロガーじゃなくて、実際のカルダノのホワイトペーパーとか見て自分で判断した方がいいよ

人型

ADAに限らずつべこべ言わずに10万くらい買ってみろや 詐欺だったとしても10万失うだけだが、当たれば億も夢じゃない ローリスクハイリターンや


😆 ビットコイン・仮想通貨おすすめの取引所はココ!


「ビットコインを買ってみたいんだけど、初心者はどこで買えばいいの?」
「ビットコインの価格が高すぎる!今からじゃ参加できないので?」というようにお悩みの方は
国内にある3つの主要な取引所がおすすめです。

それぞれ特徴がありますが、開設費用0円・証拠金・入金の必要も全く無いので、基本的には全て開設しておくと便利です。

 

■ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

長所:米国にも進出!大手企業から出資されているため、国内最大の資本金を持っているので安心できます。モナコインも扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(関東財務局長第00003号)
短所:少し手数料が高い。通貨の種類が少ない。
取り扱い通貨は6種類ビットコイン(Bitcoin)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、イーサリアム(Ethereum)、イーサリアムクラシック(Ether Classic)、ライトコイン(Litecoin)、モナコイン(monacoin)

 

■ザイフ(Zaif)

長所Zaifコイン積立という自動売買が可能。レバレッジ25倍で取引が可能。一部のトークンを扱っている。仮想通貨交換業者としての登録(近畿財務局長第00002号)
短所:サイトが重く、サポート対応も遅い。
取り扱い通貨は4種類+トークンビットコイン(Bitcoin)、ネム(NEM)、モナーコイン(Monacoin)、イーサリアム(Ethereum)、コムサ(COMSA)などのトークン

 

■コインチェック(CoinCheck)
※2018年1月26日に生じた「NEM流出事件」を受け、現在はコインチェックはおすすめできないという判断になりました。
※現在補填検討中とのことですので、NEMの補填が完了するまでは開設は控えるようお願いします。