今回は、仮想通貨のなかでも時価総額第2位(2017年12月現在)のイーサリアムについてご紹介していきます!
それでは、イーサリアムの特徴や、購入方法、今後の発展についてみていきましょう!

(画像参考元:https://bitcoinjim.com/wp-content/uploads/2016/09/2016_head_0040.jpgより一部加工)


イーサリアムの特徴

イーサリアムとは記事中1
(参考元:https://www.coindesk.com/ethereum-first-investment-product-opens-trading-nasdaq-exchange/

イーサリアムは2017年12月現在、ビットコインに次ぐ、時価総額第2位の仮想通貨です!
ちなみにイーサリアム(Ethereum)はプロジェクト名であり、イーサリアムの通貨単位はETH(イーサ)といいます。

イーサリアムプロジェクトは、イーサリアムのブロックチェーンを使ったアプリケーション作成のプラットフォームであり、これを利用することで、誰でもアプリケーションを作成できます。
そのプラットフォーム上で利用される仮想通貨として、2017年7月に販売開始されたのがETHという仮想通貨です。

イーサリアムでできること

イーサリアムとは記事中2

イーサリアムがビットコインと異なる点は、ブロックチェーンに余裕があるという点です。
この余裕がある部分に何を入れるかというと、取引情報のほかに契約書などの情報を入れ込むことができます!


ビットコインは現在、最大1MBが限界です。
この容量いっぱいいっぱいに、取引情報だけをぎゅうぎゅうに詰め込んでいます。
一方で、イーサリアムはブロックサイズに制限がないので、取引情報のほかにも何かコードを載せられる余裕があります。

このコード部分に契約書の情報を盛り込んでみたものが、スマートコントラクトといわれるものです。
スマートコントラクトとは、契約の条件や履行を自動的かつ強制的に履行させる仕組みです。

契約を取り交わすときって、口約束で終わらせないために、契約書を書いたり、証人を置いたりして、何らかの契約した証拠を残そうとしますよね。
でも、契約書は破られたり書き換えられたりする可能性がありますし、証人も買収されてしまうと意味を成しません。
そうなると裁判で決着をつけるしかありませんが、ここまで行くと時間やお金の浪費になってしまいます。


そこで、スマートコントラクトの出番です。
ブロックチェーンは書き換え不可能なうえに、消えることがない仕組みとなっているので、契約が成立した時点でブロックチェーンの余裕部分に契約内容が書き込まれます。

そうすると、このブロックチェーンはずっと残っていくので、余計な時間やお金を消費することなく、契約の証拠を永久的に残していくことができるんです!

このスマートコントラクトはビットコインにはできない、いわばイーサリアムの魅力ともいえるポイントです!!

イーサリアムの将来性

イーサリアムとは記事中3
(参考元:https://www.orix-carshare.com/what/

将来的には、イーサリアムのスマートコントラクトを利用したアプリケーションやサービスが誕生することが期待されています。
例えば、株式の配当支払いを自動で行ったり、車や不動産のシェアリングを行うなど、応用できる範囲はまだまだいっぱいあります。

このように、将来その活躍の場を広げていくと考えられているので、今後もイーサリアムの価格は上昇していくと期待されています!

イーサリアムの入手方法

イーサリアムを入手する方法は2通りあります。
ビットコインと同様、取引所を通して購入するか、マイニングによって手に入れる方法です。

ただし、個人がマイニングに参入するには非常にハードルが高くなっています。
というのも、ビットコイン同様、すでに多くの企業がイーサリアムのマイニングに参入しており、資本金が潤沢な法人がマイニング設備に巨額の費用投じているからです。
さすがに個人が自宅のPCをフル稼働させてマイニングに参加したところで、発掘量は雲泥の差・・・ほぼ勝ち目はないでしょう。


それよりも、取引所でトレードを行った方が、はるかに効率的に稼ぐことができます!

イーサリアムのウォレット

仮想通貨を保有するにはウォレット(お財布)が必要です。

一番手っ取り早いのは、CoincheckやbitFlyerなど、取引所のウォレットを利用する方法です。
とくに、頻繁にトレードを行う人なら取引所のウォレットにイーサリアムを入れておいて、いつでもすぐにトレードできるようにしておいた方がいいでしょう。

しかし、長期で保有する場合には、必ず自分のPCやスマホにウォレットを作ってイーサリアムを保管しておきましょう。
取引所のウォレットのほうが確かにお手軽ですが、取引所がハッキングされたり、急に破綻した場合には、預けていた仮想通貨を取り出せなくなる可能性があります。


一方、個人のウォレットを利用する場合、安全性は高いのですが、移し替えるのに手数料がかかってしまいます。
なので、小額をちょこちょこ移すのではなく、ある程度まとまった額で移し替えるようにしましょう!


この個人ウォレットにはいくつか種類があります。

イーサリアムの公式が出しているMistというウォレットもありますが、かなり重くて使いづらいとの評判なので、あまりおすすめではないかもしれません。

PCウォレットならMy Ether Wallet、アプリのウォレットならjaxxが評判がいいですね!

  • イーサリアム公式ウォレットMist
    (イーサリアム公式サイトからダウンロードできます)
    https://ethereum.org/


    (参考元:https://ethereum.org/より一部加工)

    URLのページ開いて下の方にスクロールして、赤枠で囲んだ「DOWNLODE」をクリックするとMistをダウンロードできます。
    設定や利用方法については日本語で紹介しているサイトもありますよ!

  • PCウォレット:My Ether Wallet
    https://www.myetherwallet.com/
  • アプリウォレット:jaxx
    https://jaxx.io/support.html

イーサリアムのチャート

イーサリアムの長期的なチャートを見たい場合、CoinGeckoというサイトがおすすめです。

また、Coincheckなら、イーサリアムの取引ができるうえに、短期的なチャートを確認するのに見やすく便利です。

イーサリアムのETF

ETFとは、Exchange Traded Fund、つまり上場投資信託のことです。
イーサリアムのETF認証は9月20日に承認期限となっていましたが、けっきょく期限未定のまま延期されました。

イーサリアムの購入方法

日本円やビットコインで購入できます!
ビットコインほどではないにせよ、ほぼ全ての仮想通貨取引所でイーサリアムを取り扱っています。

イーサリアムを取り扱っている取引所

Coincheck
bitFlyer
Zaif

など